水を上手に使いこなそう

プロフィール写真

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

こんにちは、イタリア在住の水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

帰国時間の楽しみの1つが日本料理。空港に着くなり、つい食べ過ぎて胃がおかしくなるのが悩みの種です。 そこで今回はこれまでの基本的な知識を基に、私の実践している水の使いこなしテクを少し紹介してみます。

 

竹村4-1

 

水を上手に使いこ

これまで、ミネラルウォーターのボトルに書かれた水のプロフィールの読み方や、水に含まれているミネラル。それに、水タイプの基本的な分類についてお話してきました。

そこで今回は、『あなたに必要な水』の選び方をシチュエーション別に紹介していきたと思います。 また味が個性的すぎて飲みにくいと感じてしまうミネラルウォーターを効果的に飲用する方法についても少し紹介します。

 

竹村4-2

 

あなたに必要な水とは?

 

ミネラルウォーターは、食事やサプリメントでは採りにくいミネラル補給に効果的です。

色々な健康法や情報に流されて、サプリメントを増やすのではなく、カラダの内側から本当の意味で健康を手にするためにも、必要な栄養素はできるだけ飲食からとることを心がけて下さいね。

水も丁寧に選ぶことで、あなたのカラダの基をつくる微量元素を補給してくれるスーパーフードになります。

 

1)  体調を整えてくれる水タイプ

★食前・食後の胸やけや胃もたれが気になる方は重炭酸入りのお水がおすすめ。 胃腸の働きを助けてくれます。

★便秘が気になる方には、マグネシウムを多く含むお水がおすすめです。 腸の排出機能を助けてくれます。

また1日に必要な水分量(1.5L)や運動(1時間程度の散歩)が足りているか?も再チェックして下さい。

★塩分の取り過ぎが気になる時には、カリウムを含むお水がおすすめです。 カリウムには食事で取り過ぎた塩分を体外に排出してくれる働きがあります。

★気分がイライラする時には、カルシウムやカリウムが多く含まれている水がおすすめ。

そのままで飲みにくい時には、果汁100%ジュースで割ったり、ミルクティーを作る水に使うと良いでしょう。

★疲れが気になる時には、マグネシウムを沢山含む水がおすすめです。

個性的な味になりますので、休憩タイムのカップ・スープや珈琲用の料理水として使うのがおすすめです。

 

竹村4-3 

 

 【効果的な飲用法】

 

それでは、効果的な水の飲み方とは、どのような飲用法なのでしょうか。

まず最初に知っておいて頂きたいのは、1日に必要な水の量を知るということです。 ひとのカラダから1日に出てゆく水は約1.5L。 そのほとんどは、おしっことウンチに含まれています。

必要な水分が十分補給されないと、カラダの中の水は不足し「出すべきもの」がキチンと出せなくなってしまいます。

イタリアをはじめヨーロッパでは、温泉や水を飲むことで健康になろうとする水治療法、いわゆる飲泉アクアリズムがあります。

ヨーロッパのような専門的な医療スパとまではいかなくとも、日本でもセルフ・トリートメントとして意識して水を飲むことはとても大切なことです。

まず1日に必要な水の量を知り、自分のニーズにあった水を選ぶことを意識するだけで、カラダは素直に反応してくれるようになりますよ。

 

それでは、きちんとカラダに入る水分補給。効果的な飲用法とは、一体どんな飲み方でしょうか。

スーパーモデルでもないのに1日1.5Lもの水を飲むなんて無理!なんて言わないでくださいね。

ポイントさえ押さえれば、実にカンタン。

カラダが必要とするタイミングで、ほんの3くち(150ml)、お水を飲むだけで良いのです。

朝目が覚めた時→朝食の時→10時の休憩→ランチの時→3時の休憩→帰宅時→夕食時→お風呂の前→お風呂の後→眠る前。

覚えにくいなと言う方は、トイレに立った後は必ずお水を口にする、と覚えておいて下さい。 最初は慣れないかもしれませんが、1週間もしないうちに慣れ、効果的な水分補給ができるようになります。

 

 

次回は寒い冬にぴったりな『温泉×効果的な水分補給』についてお話ししたいと思います。  

 

 

今回のおすすめ銘柄は、おなじみのサン・ペリグリノです。次ページを見てくださいね!

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第4回
水を上手に使いこなそう

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top