「できる人の会話術 仕事ごはん 部下ごはん」で接待の心得をマスターしましょう

プロフィール写真

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

社歴〇十年、いまだに接待って難しいと思う51歳。

サラリとスマート、仕事も大成功、なおかつおいしい食事会って理想的ですよね☆

 

 

仕事相手との会食7000回、

贈った手みやげ10,000個!!

 

 

ス、スゴい。まさに接待のプロ。いったいどんな方?と、ふみっちーも思いました。

 

 

彼女の名前は平原由紀子さん。老舗広告代理店勤務を経て、電通と共同出資した広告代理店を設立。現在は新たな会社「WITH YU」を立ち上げて精力的に活躍中。豊富な知識を活かし、レストランや手みやげについてのコラム連載や、エッセイストとしても活動中です。

 

 

って、最近OurAgeでもその豊富な知識を披露していただいていたのでした!「東京駅GRANSTA使いこなしマニュアル」の第1回で、グランスタで購入する「手みやげ」テクニックをご指南いただいておりますよ☆

 

0216our54090

「お花をお贈りする機会も本当に多いのですが、グランスタのお店は朝8時から営業しているので、本当に助かります」と、平原さん。お弁当を買う以外にもそういう利用法があるのね、と目からウロコだったふみっちーでした。撮影/山田英博

 

 

さて、そんな平原さんが豊富なノウハウのすべてを伝授するのが、単行本

「仕事ごはん 部下ごはん」

です!

 

書評_photo

CCCメディアハウス刊。定価:1500円+税

 

接待、部下との食事の仕方(これが意外に難しい…)、手みやげの選び方と、仕事に役立つテクニックが満載です。

 

 

接待って本当に難しいですよね。基本的なマナーを守ることはもちろんですが、仕事でうまくいきたいという下心(?)もありますから、失敗したくないし、できれば仕事につながるよい時間にしたい。その際の細かい心遣いを、わかりやすい一言で説明してくれます。たとえば…

 

◆店を選ぶ前にすべき「数字」の把握

◆相手に行きたい店を聞いてはいけない

◆予約の電話から食事会はスタートしています

etc,etc.

 

 

それからうれしいのは、平原さんが長年の経験で構築した「自分の店リスト」から、いくつかの店を紹介してくれていること。また、「お相手別・手みやげリスト」もあります。また手みやげっていうのが、やっかいですよねー。相手が男性か女性か、年配か若い方かで、喜ばれるものが全然違う。日持ちしないものはダメだし、持って帰るときに重いものもアウトだし…もちろん、このリストはその辺にもきめ細かく対応。ラインナップを見ても「間違いない」とうなづけるものばかり。それもそのはず、平原さんは

 

 

「いただきものでも気に入ると必ず、自分で買ってリピートします。

自分で試してみるのがマストです。

それでOKなら、リストに加えます」

 

 

というチェックぶり。なるほど、これなら間違いがありませんね。

 

 

ふみっちーが覚えておこうと思った手みやげは「イニシャル入りのハンカチ」。大量に配る際には向きませんが、送別会とか感謝の会などの場合は、必ず喜ばれると思います。軽いし、あって迷惑なものでもないし、なによりスペシャル感がありますよね。

 

 

あと、ゼヒ読んでいただきたいのが、冒頭のエビソード。

 

 

パーティ会場でのちょっとした勇気が、大きな大きな実りにつながった素敵なお話です。

 

 

マナーや気配りは、もちろん大切。でもそれ以前に人として人と向き合うことこそが、接待に、仕事の成功に、その後の人間関係へとつながっていくのかも。そして、それこそが仕事を続ける大きな喜びなのかもしれませんね。

 

 

 

「できる人の会話術 仕事ごはん 部下ごはん」

<問い合わせ>

CCCメディアハウスTel.03-5436-5721

http://books.cccmh.co.jp/list/detail/1831/

 

 

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top