週末「パッセジャータ=散歩」で基礎代謝UP

プロフィール写真

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

EUでも熊本地震について大きく取り上げられ、人々の想いは九州・熊本エリアの人々に向けられています。

被災された皆さまには心より御見舞い申し上げますと共に1日も早い事態の収束と復旧を願っております。

 

 

素敵なパッセジャータ文化> 

 

さてフィレンツェは春らんまん、名実ともに「花の都」となる季節がやって来ました。

今日はフィレンツェ市内にある庭園の1つBARDINI庭園の様子と併せて、イタリアの人々の暮らしに溶け込んだ『パッセジャータ』について紹介します。

イタリアの人々の暮らし文化の1つに『パッセジャータ』があります。

パッセジャータとは「散歩」を表す言葉で、人によっては朝に、人によっては夕べに、あるいは週末に、ご近所のお気に入りの場所を散策し楽しむ文化です。

 

 

■自然を楽しむパッセジャータ

 竹村_パッセジャータ1

イタリアの人びとが愛するライフ・スタイルの中でも、自然は大きな要素を占めています。

フィレンツェのような街なかに住んでいる人でも、自然を感じられる場所に対してはとても敏感。

週末やバカンスには、必ず自然を感じられる公園やお気に入りの場所に出かけて、風の匂いの中に季節を感じ、海や山、緑の森や、なだらかな畑の続く風景を楽しみます。

そして太陽の陽のもと、まばゆい光を浴びながら樹の匂い風の匂いを楽しみ、ココロのままに季節の移り変わりを感じる。

その傍らにはいつも友達や恋人、家族がいて、お気に入りの場所でともに過ごす時間をとても大切にします。

 

 

■楽しいお出かけ週末パッセジャータ

 

私の大好きな友人の一人に、既婚のイタリア人女性で外科医をしているエレナがいます。

彼女は多忙で、平日は担当地域の幾つかの医療センターに出かけて診療するだけでなく、早朝から学会に参加したり、他州で行われる研究会に参加したりしています。

それに社会貢献活動にも積極的で、幾つもの慈善団体の支援活動にたずさわっています。

でも週末には必ず電話がかかって来て、こう言うのです。

「今何してる?これからパッセジャータに出かけるけど、一緒に行かない?」と。

私たちはフィレンツェに点在する庭園のポルタ(扉門)の前で待合せ、延々と続く街路樹の下を歩きながら、1週間分の話をします。

今週はこんな事があったのよ!とか、今使っている本のイタリア文法が難しい!とか、チェントロで美味しいピッツェリアを見つけたから今度行ってみようよ、と言ったふうに。

 

パッセジャータのスタイルは人ぞれぞれですが、私とエレナの週末パッセジャータは、オリーブの樹が連なる小さな路地を進みながら4時間ほどかけて歩くものです。

緑色の木立を抜けてくる風に包まれ、木漏れ陽の光を感じながら、時に小さなバール(カフェ)で休憩し、カフェやパニーノをほおばる。

陽射しが強くなるこの季節には、ミネラルウォーターを片手にお気に入りのジェラート屋さんをめざします。

 

 

次ページではパッセジャータで基礎代謝UP!をご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る
第14回
週末「パッセジャータ=散歩」で基礎代謝UP

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top