OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

NYの朝食の女王、サラベスさんが来日。いくつになっても輝き続ける、その秘密とは!?

「サラベス」が日本に上陸したのは2012年のこと。以来、本場NYでの人気に負けないくらい多くのファンを魅了し続け、現在では東京・新宿・品川・大阪と4店舗を展開しています。

 

 

そんな「サラベス」のオーナー、サラベス・レヴィーンさんが来日すると聞き、「サラベス」ファンの一人、ミーナがインタビューしてきました。

 

サラベス1

訪れたのは「サラベス 東京店」。昨年12月にオープンした店舗で、東京駅八重洲北口から徒歩2分とアクセス便利な場所にあります。

 

 

エスカレーターを上がり、お店のドアを開けると…。

サラベス2

とびきり笑顔のサラベスさんが出迎えてくれました。

 

 

前日の台湾店オープンに立ち会い、その足で日本にいらしたのだそう。じつは日本でも新しい店舗の計画があり、午前中にはミーティングに参加していたと言います。そんな忙しいスケジュールをこなしているのに、疲れた様子はまったくなく、東京店スタッフの方とも何やら打合せをしてらっしゃいました。

 

 

「アジア圏に来たときは必ず日本にも寄り、料理のチェックなどをしています。日本のファミリーは本当に一生懸命で、私の味を忠実に再現してくれているのよ」

 

 

スタッフのことを“ファミリー”と呼ぶサラベスさん。仕事に対する姿勢を高く評価していて、そんなファミリー達が頑張っている姿を見ると嬉しくなる、とまたしてもとびきりの笑顔です。

 

 

「サラベス」と言えば、“NYの朝食の女王”と称されているように朝食メニューで有名ですが「東京店、品川店はディナーメニューも充実しているところが、NYのお店と似ている」のだそう。遠く離れた国でもクオリティーを維持すべく、豊富すぎるくらいある本場のメニューの中から、凝縮していいとこ取りしたのが日本のメニューだと言います。

サラベス3

インタビューの場所を移して、3階のオープンテラスへ。何とも開放的で気持ちいい空間です。日が暮れてからのディナータイムも、また違った雰囲気が楽しめますね。

 

 

「お店のインテリアで重視しているのは、お客様が入りやすい雰囲気、食事をゆったり楽しめる空気感。それぞれの店舗はロケーションに合わせて違う内装にしているのだけど、それはNYも同じです」

 

 

それでいて、あたたかみのある「サラベス」らしさはキープしているので、どこか親戚みたいに似ているのだそうです。

 

 

次のページに続きます。

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル