OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

夏場のビタミン・ウォーター

竹村和花

竹村和花

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

記事一覧を見る

竹村18-1

こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

蒸し暑さが募るこの季節、熱中症や日射病予防には涼しい風や水分補給が欠かせません。

今回は夏場、気を付けたい華やかなビタミン・ウォーターの弱点をテーマにお話ししたいと思います。

 

 

<ミネラルウォーターは腐らないという神話>

竹村18-追加

これまで、日本の雑誌やメディアでは、常に「水は常温で飲むほうが良い」と繰り返されてきました。

また「水は腐らない」と言われる方がありますが、これらは時と場合によって大きく異なります。

梅雨時の長雨で増水が続き、水が濁ったり、土の中の雑菌類が混入すれば、いくら名水でも「腐る」よりも先に「衛生状態」を考えなくてはなりません。

 

 

水道水であれ、ミネラルウォーターであれ、基本的に水は生のものです。

そして私たち人間のカラダには、良いも悪いもひっくるめて色々な雑菌がひしめきあって暮らしています。

例えば口の中に住んでいる菌は300種類以上とも言われていますが、食中毒の原因菌の1つでもある「黄色ブドウ球菌」も口の中やひとの皮膚などに住んでいます。

気温も湿度も高いこの季節、ペットボトルの飲み口に直接口をつけて、30℃近くなる室内で長い時間放置すれば、唾液や口の中の雑菌がペットボトルの中でどんどん増えてしまいます。

この季節、どうしても「常温の水が飲みたい」という方は、たとえ500mLのペットボトルであっても、直接口にするのではなく、飲みきる分だけグラスに注いで飲んでくださいね。

 

 

 

<細菌の大好物・フルーツ>

竹村18-2

第17回では、食中毒を予防するために「原因菌をつけない」「増やさない」ためのポイントを紹介しました。

夏場、目にも華やかなビタミン・ウォーターですが、作る時には手はもちろん果物も皮ごと洗い、ナイフもボトルもとにかくキレイに「洗う」こと。

洗ったものは、ペーパータオルなど清潔なフキンで余分な水分を拭き取って、「乾燥」スピードを速めること。

そして、できあがったビタミン・ウォーターは「必ず冷蔵庫で保管する」ことの3点です。

 

 

ここ数年の間に人気となったフルーツ入りのミネラルウォーターですが、果物にはビタミンだけでなく「果糖」といわれる糖分が沢山含まれています。

この「果糖(糖分)」は、人間だけでなく雑菌類にとっても一番美味しい栄養分になります。

ですからビタミン・ウォーターを「冷蔵庫で保管する」ことには、「原因菌を増やさない」という大きな役割があります。

 

 

一般に、細菌類の増殖は10℃以下に冷やすことで随分ゆるやかに抑えられることが知られています。

カットしたフルーツやミントなどに付いてほんの少し残っていた雑菌も、冷蔵庫に入れ10℃以下に冷やすことで安心して口にすることができるのです。

ビタミン・ウォーターはミネラル水に比べて傷みやすくなりますので、たとえ冷蔵庫に入れてあっても必ずその日のうちに飲みきるよう徹底して下さいね。

 

 

 

次のページに続きます。

<前の記事

<前の記事
第18回/クレンジング・ジュースで梅雨を乗り切る…

次の記事>

次の記事>
第20回/水でめぐる旅-ドイツ・ライプツィヒ-…

この連載の最新記事

イタリアの食と農を楽しみながら学ぶ

第79回/イタリアの食と農を楽しみながら学ぶ

夏野菜&果物で楽しむイタリアのテーブル

第78回/夏野菜&果物で楽しむイタリアのテーブル

美肌の旅、タラソテラピーでしっとり

第77回/美肌の旅、タラソテラピーでしっとり

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル