OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/77381/

軽やかな艶、質感…。濡れた大人の女性に彩る、CHICCAの新コレクション登場!

ふみっちー

ふみっちー

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

目指すは頑張りすぎてない、濡れたオンナ。

今シーズンの目標が定まりましたよ!

仕上がりは素肌のように自然。それでいて顔立ちが美しく、魅力的に感じられる…。

 

そんなインビジブル(不可視的)なメイクを提案する「CHICCA(キッカ)」から、ポップな色彩のコレクションが登場します!

CHICCA1

8月17日(水)に新登場となる2016 Autumn Collectionは、「グラムポップ」がテーマ。発表会では、ブランドクリエーターを務める吉川康雄さんが、アイテムごとの魅力や使い方などをレクチャーしてくださいました。

CHICCA2

東京でメイクアップアーティストとして活動後、渡米。各国のファッション誌や広告、コレクション、セレブリティのポートレードなど、幅広い分野で活躍されています

 

「今年の秋は、鮮やかポップに光る素材、グラムロックを彷彿させるファッションがトレンド。その流行をCHICCAにも取り入れ、ファッショントレンドと連動したラインになっています」と吉川さん。

 

アイシャドウには、大胆なグラフィックカラーが詰め込まれています。

CHICCA4

キッカ ミスティック パウダーアイシャドウ」新色・限定色 全3種各5500円(税別、以下同)※左の「EX30キュービックアイス」、中央の「EX31オレンジバナナチョコ」は限定色です

 

CHICCA5

ステージ上では、限定色の「EX30キュービックアイス」を使ったデモンストレーションが。

 

「華やかな紫のシャドウは、赤すぎず青すぎないラベンダー色だから、多くの人に合う都会的な色。使い方はとてもシンプルです。左のライトカラーから付けると華やかになりますが、今日はナチュラルに仕上げたいので、右の淡いシェードカラーをアイホールにのばし、影とニュアンスをのせることから。その後、左のライトカラーをまぶた全体につけて立体感を出し、濃いシェードカラーをフレームに付けて引き締めます」

 

ハイライトを入れすぎないのが今風だそうで、明るい色は、目の下の涙袋につけてもラメの煌めきで遊び心を演出してくれるそう。

 

 

 

次のページに続きます。

CHICCA7

キッカ ミスティック ソフトペンシルアイライナー」新色 全1色3000円

 

「ソフトブラックのアイライナーも、いかにもっぽくならないよう、馴染みがいい質感にこだわっています。黒目の外側から付けて、ちょうどいい太さを確認しながら、目尻まで。濡れた質感の目元を引き立てます」

 

使ってみると、モノトーンに輝くラメが確かに艶っぽい。これが大人の煌めきってことなんですね♪

 

 

CHICCA8

左のまぶたに立体的なアイホールをつくりだすアイカラー「キッカ ニュアンスカラーリッド」(限定色 全1色2800円)は、デモンストレーションではアイシャドウの上から重ねていました。光と艶のニュアンスがプラスされ、奥行きのある仕上がりになるのだそうです。

 

そして「キッカ フラッシュブラッシュ パウダー」新色 全1色3000円 ケース2000円、「キッカ フラッシュブラッシュ」新色 全1色3000円 ケース2000円

 

CHICCA9

「艶肌をさらにキレイに見せるのが、質感にこだわったチークです。にごりのない色で、顔色を明るく、優しく魅せます。ぽんぽんと叩くように、スタンプを押すみたいに付けると、ほんのりした紅潮感が生まれ、顔色の悪さもカバーします」

 

チークは質感が違うだけでどちらも同じピーチピンク。デモンストレーションでは、クリームタイプの「キッカ フラッシュブラッシュ」の使い方をレクチャーしてくださいました。

CHICCA追加

スポンジの面に均一に付けることで、肌にも均一につくのだそう。

 

 

さぁ、仕上げはリップメイクです。次のページへ!

CHICCA3

左から「キッカ メスメリック リップラインスティック」新色 全1色 2800円、キッカ メスメリック リップスティック」新色 全3色 各3800円

 

ボルドーカラーのリップラインスティックは、まるで生まれつき美しい唇だったかのように魅せる薄膜仕上げで、“擬似唇”メイクを実現。

 

「リップスティックは、白パールを使っているのに白浮きしないようこだわっています。そのまま発色するのではなく、グラムロックのニュアンスを持ちつつ、ヌーディーな仕上がり。唇のくすみを消し、軽やかで大人が楽しめるピンクは新しい感覚で使えます」

 

CHICCA11

「キッカ メスメリック ウェットリップオイル」新商品 全3色各3200円

 

そしてこのコレクションのキーアイテムだという“水紅”!

 

「グロスだと、油膜が厚く唇をコーティングしたような仕上がりになりがちなので、水のように見えるオイルにこだわりました。みずみずしく立体感のある唇は、うるうるした目とは違う、エモーションを感じます」

CHICCA12

鮮やかなネオンカラーですが、つけるとほんのり染まったように色づくニュアンス色。唇の中央だけに塗って、ふっくら濡れているように仕上げるのがコツだそうです。

CHICCA13

メイクが仕上がったモデルさんです。うんうん、艶やかさがありますよね。

 

 説明の中で、幾度となく“濡れた質感”という言葉を使っていた吉川さん。

 

「人というのは、濡れた生き物ですから、濡れ感のある仕上がりがキレイだと思っています。濡れ感の魅力は、みずみずしい美しさ。大人の女性の唇が乾いていると痛々しいんです。唇が柔らかくなる仕上がりをぜひ体感してください」

 

乾いた唇が痛々しいとは…。その言葉に会場は笑いに包まれながらも、ふみっちーのように「耳が痛い〜」という表情で鏡に映った自分の顔をのぞき込む参加者がちらほら。よおし! 今シーズンは、CHICCAのコレクションで濡れた女を目指すぞ〜!

 

発売は8月17日(水)ですよ。楽しみにしていてくださいね。

 

 

CHICCA

<前の記事

<前の記事
第60回/フランスから上陸! 自身を慈しむ、デリケートゾーン専用のケア…

次の記事>

次の記事>
第62回/土台から鍛えて肌が美しく生まれ変わる 新生「SOFINA(ソフィーナ)」登場…

この連載の最新記事

アスリートの腸内細菌は一般人より多様性が高い!? サッカー元日本代表・鈴木啓太氏が集めた茶色いダイヤとは?

第280回/アスリートの腸内細菌は一般人より多様性が高い!? サッカー元日本代表・鈴木啓太氏が集めた茶色いダイヤとは?

まったく新しい歯ブラシが登場!「ラジオ波」の化学反応で歯を白くする理論とは?

第279回/まったく新しい歯ブラシが登場!「ラジオ波」の化学反応で歯を白くする理論とは?

良い寝つきを左右するのは「体温」だった!?

第278回/良い寝つきを左右するのは「体温」だった!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル