OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

毛流れが自然にそろう新「エッセンシャル」登場!キューティクルケアが新たな領域に 

ふみっちー

ふみっちー

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

傷んだ髪のままでは、オンナがすたる!

手ぐしで乾かして髪がまとまるって、素晴らしい♪

1976年、ブラッシングするほど髪がキレイになると言われていた時代に、日々のブラッシングで失われてしまうキューティクルを守るヘアケアブランドとして誕生し、キューティクルケアの言葉を定着させた「エッセンシャル」。

 

 

以来、キューティクルにこだわり続けて研究を重ね、時代に合わせてアップデート。そして発売40周年を迎える今年、新たなキューティクルケア技術を採用したブランドとして生まれ変わるそうですよ!

エッセンシャル1

発表会の会場入り口には、歴代「エッセンシャル」が展示されていました。

エッセンシャル2

1976年発売の初代「エッセンシャル」です! 懐かしい〜〜〜。 ふみっちー、使ってましたから、このボトル覚えてます。

エッセンシャル3

会場内に入り、まず、最新のキューティクル研究について説明してくださったのは、花王 ヘアケア研究所 上席主任研究員の寺田英治さん。

エッセンシャル4

つややかでなめらかな健康な髪と、「パサつく」「まとまらない」「指通りが悪い」「乾燥している」「時間が経つと広がる」「絡まる」といった傷んだ髪。花王ではキューティクルの損傷が要因であることに着目。

エッセンシャル5

毛髪を覆って外部刺激から守る役割を担うキューティクルは、ほとんどがタンパク質層からできていて、健康な状態だと、その表面に脂質(MEA)が薄くのっている状態です。それが、キューティクルが傷んだ状態だと、表面に脂質がないため水となじんでしまい、摩擦が高くなり、引っかかったり絡まったりしやすくなることがわかっています。

 

 

次のページに続きます。

<前の記事

<前の記事
第63回/ファンケルの大人気「洗顔パウダー」が、この夏さらに進化します!…

次の記事>

次の記事>
第65回/「まぶた力」で見た目の印象も変化! 目もと全方位にアプローチするアイクリーム誕生…

この連載の最新記事

敏感肌に微弱炎症を引き起こす「線ジワ」とは?

第274回/敏感肌に微弱炎症を引き起こす「線ジワ」とは?

「エストロゲン」が肌老化の鍵!スキンケアでどこまで対処できるの?

第273回/「エストロゲン」が肌老化の鍵!スキンケアでどこまで対処できるの?

ヒアルロン酸は6種類ある!? それぞれが肌に違った働きをするって知っていますか?

第272回/ヒアルロン酸は6種類ある!? それぞれが肌に違った働きをするって知っていますか?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル