「まぶた力」で見た目の印象も変化! 目もと全方位にアプローチするアイクリーム誕生

プロフィール写真

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

顔の印象を大きく左右する目もと。これからは

乾燥やシワ、クマの対策だけではなく

「まぶた力」も強化しなくちゃ!

ロート製薬の先端研究と技術を応用して誕生したトータルエイジングケアブランド「エピステーム」。

 

7周年を迎えるこの9月に、医療発想スペシャルケアの集大成とも言えるアイクリームが登場すると聞き、ふみっちーが発表会に参加してきましたよ! 新登場となるアイクリームが着目したのは

 

「まぶた力」

 

なんですって。

エピステーム4

「まぶた力」とは、まぶたのたるみを左右するもの。低下してしまうと、まぶたが目に覆い被さって老けた印象に。視野が狭くため見えにくくなり、そうすると目を見開くようになるので額のシワを深くする原因にも。まぶたが少し下がるだけで、見た目の印象も変わってきてしまうというわけです。

 

そんな「まぶた力」のチェックとして、スライドには以下の項目が映し出されました。

エピステーム2 

ふみっちーは3つ当てはまったのですが、皆さんはいかがでしたか? 何と、1つでも当てはまることがあれば、「まぶた力」が落ちている可能性があるそうですよ! その言葉に軽くショックを受けてしまったふみっちーですが、ロート製薬が実施したアンケートでも、20〜50代女性の3人に1人が、「まぶたのたるみ」に悩んでいることがわかったのだとか。

エピステーム3

そんなまぶたのたるみは、まぶたを支える「ミュラー筋」という筋肉のゆるみと、真皮のエラスチンなどが劣化することで起こる皮膚のたるみが原因で起こるのだそうです。

 

 

そこで新しく登場するアイクリームは、この2つの原因に働きかける処方を採用したんですって。

 

 

まず、「ミュラー筋」へは、医療の視点から独自に開発した新成分がアプローチ。加齢や物理的刺激によってミュラー筋のゆるみが重症化すると、まぶたを持ち上げられなくなる眼瞼下垂(がんけんかすい)という疾患につながってしまうそうですが、現代ではミュラー筋を収縮させるメカニズムが解明されています。新成分「パワライズアイコンプレックス」は、医療現場で使われている、眼瞼下垂の症状を一時的に緩和する目薬からヒントを得て開発したのだとか。

 

次のページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第65回
「まぶた力」で見た目の印象も変化! 目もと全方位にアプローチするアイクリーム誕生

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top