新しい自分に出会う!水辺のアクティビティ

プロフィール写真

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

竹村和花ドイツ・ザクセン

こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

夏のバカンスでは、お盆休みを避け少し前後して休暇を取られる方も多いのではないでしょうか。

この季節は、ついつい暑さに体力を奪われ、バカンス先でもつい“守り”に入ってしまいがち。

でも。時にはいつもの思考サイクルから抜け出し、色々なアクティビティに挑戦してみてはいかがでしょうか。

今回はドイツ・ザクセン自由州から、冒険に満ちた湖畔の自然体験プログラムを紹介します。

 

 

<ザクセンで過ごす夏休み ~湖水地方の豊かな自然~>

竹村和花ドイツ・ザクセン

ザクセンは1990年、ベルリンの壁崩壊から始まったドイツ再統一によって加わった連邦州の1つです。

正式名称は「ザクセン自由州」。

日本人にとっては、州の名前よりもドレスデン(州都)の名前の方が分かりやすいかもしれません。

クリスマス・ピラミッドや木製のオーナメント、クルミ割り人形で有名なザイフェン村があるのもこの州です。

素朴で美しく繊細なザイフェンの木工細工やガラス装飾品は、エルツ山地の鉱山鉱脈やそれに伴う森林開拓という地場産業から生まれてきました。

 

ザクセンをはじめ旧・東ドイツのエリアには、今も昔と変わらない豊かな水辺の風景が残されています。

ミュンヘンやフランクフルトからドレスデンまではICE(Inter City Express 高速列車)で約6時間。ベルリンへは、ここから更に3時間の鉄道旅行です。

2008年以降、幾度となく訪れたこのエリアの中で、私が最も心惹かれたのはドレスデン発着の列車から見える窓辺の風景でした。

春の車窓には、水が温み、川からあふれ出した水が湖のように広がり、森の中にまで浸透していました。

またクリスマス前には、凍てついた森の足元を川べりからあふれ出した水と氷が折重なり、静けさに包まれた風景は、まるで絵画のようです。

 

 

<ザクセンの自然に包まれた水辺のシンボル>

竹村和花ドイツ・ザクセン

森と湖の広がるザクセン。

その豊かな森の中に、幅502m高さ80mもある巨大な表土運搬ブリッジをシンボルにした「F60」があります。

ドイツ統一以降、慎重にすすめられて来た湖水地方でのリゾート開発は、大小さまざまな湖づくりと魅力的な自然体験アクティビティが注目を集めています。

「F60」は、ザクセンの豊かな自然に囲まれた湖畔コンサートや花火フェスタの会場としても人気があります。

天気の良い週末には、白い砂と水辺のアクティビティを求めて地元のカップルや家族連れが訪れます。

のんびりと日光浴を楽しむ女性たちやグループで来てビーチバレーを楽しむ人々。時にはライフ・ジャケットを付けた小さな子ども達に、湖で泳ぎを教えるパパの姿もあります。

 

シンボル・タワーとなっている高さ80mのブリッジにはガイド・ツアーがあり、実際に先端部まで歩いて登ることができます。

ヘルメットをかぶり、安全柵で守られたブリッジを登ると、そこから先は地上60m。ブリッジの先端に向かって細い通路が続きます。

足場はゆるやかな上り坂ですが、開発当時の様子が体感できるよう、通路の足場を工夫して誰でも歩けるような安全なつくりになっています。

写真は、ブリッジの最上階から見た森の姿。遠くに風力発電の白いプロペラが見えます。

ここに立つと360度延々と広がる森の中に、小さなスポットのように湖を生みだしたことがよく分かります。

この作られた湖も20~30年というサイクルの中で、やがて自然の湖へと還っていけるよう、現在も注意深く環境調査が行われています。

 

こちらで体験できるアクティビティを、次ページにご紹介!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第23回
新しい自分に出会う!水辺のアクティビティ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top