家のリフォームという一大事が心身に及ぼす影響に爆笑、納得!

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

OurAge世代ともなると、住まいのリフォームを経験した方も多いのでは?実は私もそうで、過去二回わりと大がかりなリフォームをしました。

 

 

住みながらの工事だったので、生活への影響は大きかったけれど、自分としては淡々と1か月半ほどの日々を過ごしたつもりでした。
でも今振り返れば、あの時期の私のテンションはいつもと違った、というか、ちょっとテンパっていた?
だって、就寝中トイレに起きることはあまりないのに、工事期間中は必ず2回起きていたから。
もしかしたら、家にいろんな人が出入りして落ち着かなかったために、頭が休眠モードになりきれていなかったのかも。
細かなところまで打ち合わせをしていても、そのときどきで判断しなければならないことが次々に起こったし……。

 

 

そんなことを思い出したのは、作家の町田康さんがご自身の経験を基にした小説『リフォームの爆発』を読んだから。
町田さんと言えば、炸裂する妄想をリズミカルな文章で描き、笑いとともに真実に迫る作家、という印象がありましたが、この物語はそんな彼の個性がズバリはまった感じ。

 

 

馬鹿馬鹿しいほど暴走する言葉に唖然とするかもしれませんが、リフォーム経験者が読むと「わかる、わかる」の連続!
主人公・マーチダ氏の心情は常人のそれより振り幅が大きいものの、奥底にあるのは誰にだって芽生える不安、疑問、期待etc……なのです。

書評_photo

『リフォームの爆発』
町田康 幻冬舎 ¥1500(税別)
犬や猫と熱海で暮らすマーチダ氏は悩みに悩んだ末、家のリフォームを決行。それは理想と妥協のせめぎあいだった! リフォームの現実をとことん突き詰め、笑いに昇華した“ある作家によるビフォア・アフター”

 

 

さて、マーチダ氏はなぜリフォームをしようと思い立ったのか。

それは次のような理由からでした。

 

 

 

●人と寝食を共にしたい居場所がない二頭の大型犬の痛苦

●人を怖がる猫六頭の住む茶室・物置小屋、連絡通路の傷みによる逃亡と倒壊の懸念

●細長いダイニングキッチンで食事をする苦しみと悲しみ

●ダイニングキッチンの寒さ及び暗さによる絶望と虚無

 

 

これらの問題をある案によってすべて解消できた!と思ったものの、その結果流し台が部屋のど真ん中にやってきたというのだから、頭を抱えてしまいますよね!

 

シェア ツイート LINEで送る
第28回
家のリフォームという一大事が心身に及ぼす影響に爆笑、納得!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top