水でめぐる旅―ドイツ・ベルリン近郊―

プロフィール写真

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

竹村和花ドイツベルリン
こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。
今週は8月と9月がミックスする1週間。いよいよ秋が始まります。
今回は夏の終わりから秋、冬にかけてオススメの癒しのヨーロッパ・水辺の旅を紹介します。
<水のリラックス効果>

竹村和花ドイツベルリン

水には様々なリラックスの効果があることはよく知られています。
水の音を聞いていると心が穏やかになったり、水のある風景を見ていると自然とリラックスしたり。
冷水プールや温泉に入って心もカラダも癒された、という経験は誰しも一度や二度はあるのではないでしょうか。
いずれも五感で感じる水のリラックス効果ですが、これに旅の転地効果をプラスすることで、さらに心理的リフレッシュが得られます。
季節が夏から秋へとすすむこれからの時期、心癒される水辺の旅を楽しむなら湖クルーズがおすすめです。
<季節の移り変わりを楽しむ湖クルーズへ>

竹村和花ドイツベルリン
ベルリンから車で1時間のところにあるシャルミュッツェル湖(Scharmützelsee)は、湖畔に点在するリゾートホテルや様々なスタイルの旅が楽しめることで人気です。
湖畔にある波止場からは、湖に点在するホテルや別荘地などをめぐる定期運航の遊覧船が出ています。
定期運航船の2階は屋上席になっていて、湖面を吹き抜ける風を素肌で感じることができます。
屋上席からは、空と森だけに包まれた湖の青が広がります。
山岳スイスの湖水地方とも、北欧のフィヨルド湖畔とも違う、ドイツならではの湖の風景です。

 

 

私たちは水のある風景に身を置いたり眺めたりすることで、自然とリラックスして安らぎ、落ち着きを得ることがあります。

よく海や川に出かけて海や水面を眺めたり、風にふかれたりすると気分転換になると言われています。
最近は日本でも人と水とが触れ合う空間や体験が見直されていますが、やはり理屈ではなく五感で水を感じることこそが何よりの癒しです。
<五感で感じる水辺の風景>

2404
ボートハウスを出港すると、乗客はクーラーのきいた1階席と2階の屋上席、おのおの好きな席に分かれてゆきます。
2階はテラス式になっていて、お天気が良い日にはまばゆいばかりの陽射しが降りそそぎます。
船はボートハウスや別荘地、湖畔に点在する船着場やリゾートホテル専用のプライベート桟橋に立ち寄りながらゆったりと進みます。
心地よい風に包まれ湖を眺めていると、桟橋から漕ぎ出したばかりのカヌーやカヤック。
それに可愛らしい足こぎボートやヨットを楽しむ人々の姿が次々と現れます。

 

 

船が桟橋に近づきエンジンが静かになると、打ち寄せる波の音が際立ち、心をかき立てられます。
水を使った人工的な音源にも癒し効果はあると言われていますが、やはり自然の生みだす水音は心地よく、水面を走る風は爽やか。
イメージではなく実際に目で、耳で、肌で感じる水辺の自然は心を安らがせてくれます。
<湖畔のリゾートで過ごすバカンス>

竹村和花ドイツベルリン
シャルミュツェル湖のほとりには、幾つかのリゾートホテルが点在しています。

9ホール以上のゴルフコースや様々なスパ、それに屋内や屋外のプールやテニスコート。
湖畔のサイクリングやホテル専用のボートハウス。郷土料理を扱う高級レストランなど滞在を優雅に楽しむためのコンテンツが豊富です。

また湖畔にそって続く緑の散策路は心地よく、朝夕のウォーキングや森林浴には特におすすめです。
夏の終わりから深い秋に向けて、辺り一帯の森は彩りを増してゆきます。
レジャー施設やホテルなどではレンタサイクルもあり、四季の移ろいを感じながらのんびり湖畔をめぐることもできます。
リゾートホテルの中には、滞在期間によって様々なプログラムが体験できるスパ施設はもちろん、健康的なライト・メニューを扱うプールサイド・バーが幾つも整えられているものもあります。
これからの季節の楽しみとしては、新酒ワインを試飲できるサロンなどを併設するホテルを選んでみるのもおすすめです。

 

 

ですが…何と言っても長径11kmのシャルミュツェル湖は水辺のアクティビティを楽しむのにぴったり!
ボートハウスでは、小さな子どもたちや初心者でも安全に楽しめるアクティビティが盛りだくさんに用意されています。
癒しの湖畔リゾートですが、豊富な自然体験プログラムやその土地ならではの旬の季節グルメなど、ネイチャー派にも食通にも愛される要素がたっぷり。
夏の終わりからは、秋へ冬へと季節がすすむドイツ。優雅な水辺のリゾートには四季折々の沢山の楽しみが待ち受けています。
取材協力:ドイツ政府観光局

 

 

 

【DATA】
シャルミュッツェル湖(Scharmützelsee)の観光インフォメーションHP
http://www.seen.de/scharmuetzelsee/
http://www.scharmuetzelsee.de/de/
湖クルーズ/ボートハウス
http://www.bad-saarow-schiff.de/Schifffahrt

シェア ツイート LINEで送る
第24回
水でめぐる旅―ドイツ・ベルリン近郊―

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top