コスメデコルテから高機能 未来型美容液「iP.Shot」誕生!

プロフィール写真

編集部の末っ子です。
いちばんのロングへアーですが、
その髪はバサバサ、眼もドライアイ、
肌もカサカサで体も心も? 保湿が必要です。
13歳のおじいちゃん犬の散歩で
毎朝6時から振り回されてます。

こんにちは、すけやんです。

iPS細胞の研究で、京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学・生理学賞を受賞したことは記憶に新しいですよね。

これで、難病に苦しむ多くの人が救われるんだろうなあと偉業に感動したすけやんですが、

ぼんやりしていてひとつ重要なことを忘れていましたよ。

それは「私たちが日々使う化粧品にもiPS細胞研究が応用できる」という視点。

iPS細胞という研究ツールがあれば、若々しい肌のヒミツを解明することができるかも。

そして当然、すでに研究に着手しているブランドがあったのです。

というわけでコスメデコルテの新製品発表会に鼻息荒く参加してきました!

 

img_3802

 

コスメデコルテは、iPS細胞と、30年もの長期に渡って採取した、同じ人物の加齢モデル細胞の2つを用いて、DNAレベルでエイジングの原因を追究したのだそう。

img_3815

 

研究の主役は、細胞の中のミトコンドリア。ここで生命活動に必要なエネルギーを作り出しているのですが、

加齢とともに、エイジングの大きな原因である活性酸素を消去してくれる

ミトコンドリア内の「SOD2」が減っていってしまうのですって。。。泣。

img_3829

 

img_3831

若い人のミトコンドリアはSOD2が活性酸素をすぐ消去してくれるのに、

img_3832

加齢した細胞だと活性酸素が増えてしまうという。。。

 

 

そこでコスメデコルテが開発したのが、独自複合成分の「iP-Solution」。

活性酸素を消去してくれて、かつ、活性酸素を漏らさないようにミトコンドリアの膜を強化してくれるそう!

見てください、この活性酸素の減りかたを!

img_3839

 

ミトコンドリアの膜にも変化が。こちらの下の段をみてください。

img_3840

中央が、「iP-Solution」を用いなかったときで、右が、「iP-Solution」を用いたとき。

グリーンの蛍光が強いほど、ミトコンドリア膜がダメージを受けていることを示しているので、

「iP-Solution」を使うとダメージがぐんと抑えられていることになります。

 

この「iP-Solution」を用いた待望の新製品は・・・次のページをご覧ください。

シェア ツイート LINEで送る
第83回
コスメデコルテから高機能 未来型美容液「iP.Shot」誕生!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top