はじめてのリーディンググラスを選ぶなら?/リーディンググラス①

プロフィール写真

3~4年前、暗い駅で、「あれ?路線図が読めない」と愕然。それでも、手持ちルーペなどで乗り切ってきましたが、最近、それではもう乗り切れないかも、と自覚。リーディンググラスの最初の1本、どれを選ぶ?

本格的な老眼になったら、メガネ屋さんで、自分にあったグラスを作るつもりです、私も。でも、そこに至る前に、手軽なリーディンググラスを試してみたい、ということで見つけたのがこれら。老眼初心者さんの入門編です。

条件は「誰にでも似合いやすい形」「かけ心地のよさ」「リーズナブルな価格」の3つ。

ここでご紹介しているのは、数十本を、見てかけて試した、私のお勧めです!

 

 

 

 

OurAgeストアのロングセラー

Beglad ビグラッド

’14年にOurAgeストアで紹介してから、売れ続けているリーディンググラスです。顔幅や鼻の高さが違うスタッフが全員、「かけ心地が楽!」と大絶賛。見逃していた方は、その使い心地をぜひお試しくださいね。

リーディンググラス Beglad モデル

プルオーバー¥19,000/プレインピープル青山 ネックレス¥40,000/ル・ピボット(メゾン ルーバス) バングル¥11,000/フラッパーズ(アロン)

 

 

「私はまだ大丈夫」と思っていたのに、最近手元の文字がぼんやり。そんな人が、初トライしやすい一本です。縁なしレンズは顔にすっと馴染み、めがね慣れしていない人でも見やすさ満点。そして、約16gと超軽量。つるのしなやかさに加えて、耳に当たる部分が弾力のある樹脂でコーティングされ、長時間かけても疲れません。コンパクトなハードケース付きだから、バッグの中でかさばらず、持ち歩きにも便利です。

リーディンググラス Beglad 商品

らくちんリーディンググラス

(パープル、オレンジ、ブラック)

各 ¥2,000 (税抜き)/OurAgeストア

 

 

 

次はブルーライトカットレンズを使用したリーディンググラスをご紹介。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第10回
はじめてのリーディンググラスを選ぶなら?/リーディンググラス①


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top