肌質、肌老化リスクを遺伝子で検査!「DNA BEAUTY」で、優先すべきケアを見極めよう


同じ薬をのんでも、すぐに効く人と副作用が出てしまう人がいます。また、のんでいる医薬品と相互作用が起きてしまうサプリメントや健康食品を選んでしまう人も…。

 

そんな現状をどうにかしたいという思いで作られたのが、イービーエスの遺伝子検査キットシリーズ。遺伝子分析によって体質の把握をするだけでなく、1人ひとりの体質に合ったセルフケアのアドバイスを行うことまでを目指しています。

DNA1

2006年に発売したダイエット遺伝子検査キット「DNA SLIM」を皮切りに、アルコール感受性遺伝子検査、エクササイズ遺伝子検査、葉酸代謝遺伝子検査も開発。医療機関に向けた「おくすり遺伝子検査」も展開しています。それぞれ、分野ごとに専門の先生に監修をお願いして開発しているそう。

DNA2

そしてこの秋に登場したのが、肌質遺伝子検査キット「DNA BEAUTY」です。ご紹介が遅くなってしまったのですが、今回はこの発売を記念した発表会の様子をお届けします。

DNA3

「肌老化の原因は、『遺伝要因6:環境要因4』ということが報告されています。それだけに、早期予防をするためには遺伝的素因は無視できないのです」とは、「DNA BEAUTY」開発にあたり、監修を担当した東京女子医科大学 皮膚科教授・講座主任の川島眞先生。

DNA4

「DNA BEAUTY」では、9遺伝子15バリエーションを検査することができ、肌質と肌老化リスクのどちらも検査できます。

DNA5

たとえば、皮膚の保湿機能やバリア機能に関わるFLG遺伝子で、乾燥肌・敏感肌のリスクがわかります。

DNA6

ASIP遺伝子では、しみやそばかす、光老化のリスクを判断。

DNA7

遺伝子を検査することで、肌老化を引き起こす外的要因や内的要因の何の影響をより受けやすいタイプかがわかる、と川島先生。

 

「コスメゲノミクス(美容ゲノム情報科学)時代の幕開けです。このスタートラインとして、『DNA BEAUTY』が役立ちます」

 

 

次のページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第96回
肌質、肌老化リスクを遺伝子で検査!「DNA BEAUTY」で、優先すべきケアを見極めよう

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top