冬こそ家カフェ!完全レシピ

プロフィール写真

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

竹村和花

こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。
いよいよ寒の入り。冬の厳しさが最も厳しくなるシーズンです。
1月半ばを過ぎてから、日本には大寒波が到来し大きなニュースになっていますが、イタリアも日ごとに極端な冷え込みが繰り返しています。

 

 

<冬にこそ楽しみたいお家カフェ>

竹村和花
寒い冬の始まりに、何だかお家にこもりきりになりそうな今日この頃。
という訳で、今回のテーマは寒い冬にこそ楽しみたい“家カフェ”。
寒波到来時に、手軽に・美味しく・ミネラル補給するためのレシピをお届けします。

 

「ミネラル水を買ったけど、美味しくないので捨てちゃった」という経験のある方は、少なくないはず。
そこで試して頂きたいのが「調理水としてのミネラル水が持つチカラ」です。
ミネラルが沢山入ったミネラルウォーターは、どうしても味が個性的になります。
いくら健康に良い!と言っても、美味しくないものを毎日続けることには無理があります。
自宅でほっこり楽しむ家カフェも、ほんのひと工夫の簡単アレンジで美味しくミネラル補給できます。

 

 

<家カフェであったかメニュー>

竹村和花
水と土は、その国の食文化に直結しています。
ミネラルたっぷりのミネラル水美味しく楽しんで頂くには、その国で食べられているようなメニューに使うのが一番。
日本には、ヨーロッパやアメリカ、イスラエルなどの水が入ってきていますので、季節の野菜をたっぷり使ったシチューやスープ、それにカレーの調理水にして使うとお料理もグンと本格的になります。
日本人に「お出汁」があるように、海外の水にも「現地のお料理を美味しく再現する“お出汁”としての役割」があります。

 

 

自宅で楽しむ最も手軽なカフェ・メニューとしては、カップスープやホットチョコレートを作る時の“お湯”をミネラル水に替えること。
またお弁当用の作り置きおかずを作る時に、カップスープなどの具に使えるサイズを意識して野菜をカットしておくととても便利です。
レンジで野菜をチンしながら、電気ケトルでミネラル水を沸かせば、インスタントのカップスープも具だくさんの美味しいスープに早変わりします。
早茹でマカロニ(1分30秒)を具に加えれば、おやつ替わりのボリューミーなスープになります。
またミネラル水で作ったコンソメに作り置き野菜を加えて温め、レトルトカレーを加えれば美味しいカレースープの出来上がり、です。
同じ方法で、レトルトカレーの代わりにシチューのルーを1ブロック加えてクリームスープを作ることもできます。
今まで海外のミネラル水に手が出なかった方も、この冬は是非お家カフェのメニューからチャレンジして頂きたいなぁと思います。

 

 

<和風メニューも家カフェで>

竹村和花
さてこの冬、自宅で作る和風カフェ・メニューとしておすすめなのが「甘酒」です。
お砂糖をお腹にやさしい糖類に変えることで、腸内細菌を育てる腸活レシピにアレンジできます。
オリゴ糖の場合、甘味度が砂糖の60-70%になりますので甘味バランスを調整するために量を増やしてください。

 

<2回分>
★酒粕(50g)・・・大吟醸や吟醸なども風味があって◎
★ミネラル水・・・・・2カップ
・砂 糖・・・・・・・35g
・塩 ・・・・・・・・極少々(隠し味程度)
・おろし生姜・・・・・好みで量を調整 ※少々
(作り方)
水を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を止めて、一口大にちぎった酒粕を鍋に入れ、10分放置。
お湯につけた酒粕が柔らかくなったら再び火にかけ、酒粕がしっかり溶けるようかき混ぜながら沸騰させる。
沸騰したら、砂糖、塩、おろし生姜など調味料を入れてよくかき混ぜ、完成。

 

つづいて、水ソムリエが選んだ今月のおすすめ銘柄をご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る
第32回
冬こそ家カフェ!完全レシピ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top