リマで気ままに街歩き(後編)

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

書評はちょっとお休みして、昨年末、2週間ペルーに滞在して見つけた現地の魅力をご紹介しているこのブログ。前回はリマ市内を中心にご紹介しました。今回はいよいよ、料理やレストランをご紹介します。

 

 

意外なようですが、リマは食べ物がとても美味しい街なんです。中でもペルー料理は、日本人の味覚に合っている!海が近いので新鮮な魚介類が使われているし、香辛料が強すぎないし、見た目ほど味が濃くないし。

 

 

特に私が好んで食べたのはセビーチェです。代表的なペルー料理で、白身魚やタコ、イカ、貝類などをレモンで締め、タマネギなどで和えたもの。マリネよりさっぱりしていて、お店によっては辛さや味の違うセビーチェが三種ほど盛られていたりします。

書評_photo

「アストリッド・イ・ガストン」の白身魚のセビーチェ

 

肉ではチキンがよく使われていましたが、特筆すべきはジャガイモの種類の多さとおいしさ! 揚げたりマッシュしたり、いろいろな形で使われているので、ついついそれだけ食べたりして……。

書評_photo

たくさんの種類があるスーパーのじゃがいも売り場

 

 

お店で印象に残っているお店をあげると、まずはラファエル・ラルコ・エレーラ博物館のレストラン。

 

 

この博物館には古代ペルー文明の研究者ラルコ氏が収集した土器や黄金のマスクなどが展示されていて、それ自体とても興味深かったのですが、併設のレストランの素晴らしさといったら!

 

 

食事を済ませていたので、お茶だけにしましたが、ブーゲンビリアなどの花が咲き誇り、さまざまな緑が生い茂る庭を眺めながら過ごしたひとときは、きっと一生忘れないと思います。
「なんて美しいレストランなんだろう」とひたすらうっとり……。

 

書評_photo

左手奥にあるのがラルコ博物館併設のレストラン

 

 

ミラフローレスにある遺跡ワカ・プクジャーナに併設されたレストランは、抜群の見晴らしといい独特の雰囲気といい、ちょっと他にないものがありました。現在も発掘中の遺跡を見ながらおいしいペルー料理に舌鼓を打つという貴重な経験に、なんだか感動すら覚えてしまって。

 

書評_photo

ワカ・プクジャーナのレストラン

 

 

ちなみにここは、日本人駐在員の方々の会食にもよく使われるとのこと。周囲を見回すと、「現地の方々の社交の場」という感じでした。

 

 

 

次のページに続きます。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第33回
リマで気ままに街歩き(後編)

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top