横森理香の更年期チャレンジ! 「コーネンキなんてこわくない」第12回「心身ゆらぐ閉経への日々。話題のエクエルものんでみた!」

プロフィール写真

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、近著『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。

著書に『50歳からの自分メンテナンス術』『50歳から誰より輝くアンチエイジング魂』など。

最新刊は『ずーっと幸せが続く生き方』。

また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。

横森理香公式ホームページwww.yokomori-rika.com.

 

 

更年期のもろもろの不調から脱するため、チャレンジし続ける作家・横森理香。

検査の結果、小麦アレルギーとわかり、今話題のグルテンフリーダイエットに取り組んだり、

空中ヨガや太極拳をイケメンに習いに行ったり・・・。 

漢方やサプリもいろいろとのんでみるものの、子宮筋腫があるため、

体調や気持ちの波もいろいろあって・・・・・・。

 

 

少しずつ閉経へ近づいていく・・・心身ゆらぐ毎日。

 

 

 

閉経を前にして、色々とあがいている著者。去年の9月15日、39日も続いた過長月経が終わった途端、ホットフラッシュに悩まされ始めた。この連載の第一回で訪ねた「まなみクリニック」で桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を処方され、一カ月飲み続けると、汗が収まって来た。

 

9月28日採血の女性ホルモン値は、エストラジオール(エストロゲンの一種。閉経前の女性に多く分泌される。10以下で閉経)15、LH(黄体刺激ホルモン)19.3、FSH(卵胞刺激ホルモン)64.8で、閉経も近いであろうという診断だった。

 

心身微妙なお年頃、生理が上がるのがイヤな女性も多いらしいが、私の場合、閉経は、もう子宮筋腫や卵巣嚢腫、月経過多や貧血を心配しないでもいいという、ありがたいお知らせだった。もうすぐ、この苦難から卒業できる・・・・・・。

 

安心するも束の間、約二カ月後の11月10日、また生理が来てしまった。この時は一週間で収まったが、出血量も多く、胃痛と消化不良と左下腹部違和感に悩まされた。終わった途端に風邪を引き、今度はひどい頭痛が起こった。懇意の自然療法家・山田先生の「こころからだ」でよもぎ蒸しをし、調整してもらって治ったが、受診した近所の内科医には、

 

「更年期のせいかもしれませんねぇ、桂枝茯苓丸はいいお薬ですから、飲み続けてくださいね」

 

と言われた。風邪薬はとりあえず出しておく、という感じだった。

 

11月25日から、ものは試しと大塚製薬の「エクエル」を飲み始めた。まなみクリニックに置いてあり、気になっていたのだ。まなみ先生曰く、

 

「ピルより自然派のものがいいという方には、選択肢としてあります」

 

ということだった。ソイチェックキットも合わせて置いてあり、それで調べると、エクオールが腸内で作られているかどうか分かるという。

 

日本人女性の二人に一人は、大豆製品を食べても腸内でエクオールに変えられない。大豆イソフラボンは腸内で、ある細菌に出会い、エクオールになって初めて、女性ホルモン様のものとして働いてくれるのだ。その菌を腸内に持っているかどうかをソイチェックキットで検査できる。

 

これは郵送で尿を送り、二週間ぐらいで帰ってくるのだが、私は見事に作れていなかった。編集者Kも。小さい頃納豆を食べていなかった人に多いようだ。

 

 

横森3回IMG_2592

ソイチェックの検査結果。エクオール、つくれていませんでした・・・・・・。がっくり。

 

 

「確かに~。納豆食べられるようになったの大人になってからだもん!」

 

「私の九州の実家では、納豆をそもそも食べてなかったし・・・・・・」

 

二年前に発売された大塚製薬の「エクエル」は、そんな人でも大豆原料のエクオールを摂れるサプリだという。さっそく取り寄せて飲んでみた。

 

横森IMG_2542

こちらが大塚製薬の「エクエル」。腸内でイソフラボンを女性ホルモン様にするエクオールがメインの成分。血行がよくなるので閉経前後の「ゆらぎ期」の肩こりやホットフラッシュなどの不調を和らげるサプリとして、今、話題。

 

 

過去一年間、外国の植物性女性ホルモン様サプリを試して来た私の体感として、「エクエル」は穏やかな効き目で日本人には合っている、という感じだった。外国のサプリは強いから、飲むと美容健康状態が一気に改善するが、生理がドッと来て長く続き、苦労した。しかし「エクエル」の場合は一カ月目の12月22日にまた生理が来たが、生理痛もなく量も少なく、一週間で終わった。そして飲んでいる間、ホットフラッシュもなく体調はすこぶる良かった。

第12回
横森理香の更年期チャレンジ! 「コーネンキなんてこわくない」第12回「心身ゆらぐ閉経への日々。話題のエクエルものんでみた!」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top