夫婦ゲンカが絶えないときには/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ   林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com

運がUPする「おそうじ風水」

 

 

PART2

願いをかなえるおそうじ術

 

恋愛がうまくいく! 仕事で成功する! 健康な暮らしを満喫する!

あなたなりの幸せな未来を描いて、おそうじをしてみませんか?

願いごとにおそうじのツボを紹介します。

 

 

 

 

夫婦ゲンカが絶えない

 

 

コンロとシンクの間に「木」の気のアイテムを置く

 

キッチンには必ず、火を使って煮炊きをするコンロと、水仕事をするためのシンクが存在します。ガスコンロは「火」の気、水道は「水」の気を表しています。五行の法則では、“水が火を剋する”といい、相剋関係になります。この関係は、気のバランスを乱すため、風水的にみて良くありません。

 

「火」は男性を、「水」は女性を司る気でもあります。そのため、火を使うところと水を使うところが隣り合うと、家の中で口論が多くなり、男女の仲が悪くなります。最近の日本住宅では、構造上シンクとコンロがすぐ隣り合っている設計が、とても多いものです。これを風水では、夫婦ゲンカを招きやすい相とみます。

 

そこで火と水の相剋を取り除き、気のバランスを整えるため、「木」の気を司るアイテムを間に置くようにします。「木」のアイテムとは、観葉植物やお花、フルーツや野菜などが当てはまります。気のバランスが調和され、夫婦仲が穏やかになります。ただしコンロの近くなので、燃えやすいものは危険。充分注意しましょう。

 

 

P139_Web用

 

 

 

イラスト/MINT JULEP

 

 

 

 

次回は、人づきあいがスムーズになる「おそうじ風水」をご紹介します。

 

第60回
夫婦ゲンカが絶えないときには/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top