食べてすぐ横になると牛になる…!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし 1月も大半過ぎてしまいましたが、あけましておめでとうございます。ぐうたらライターのいしまるこです。
おもちの食べ過ぎで、新年からぐうたらに拍車がかかっておりますが、
なんとかかんとかがんばりまーす。

 

 

根来 あけましておめでとうございます。根来秀行です。
年末年始は家族とゆっくり過ごして、リフレッシュ致しました。みなさま、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

いし さてさて、昨年は胃腸年齢を考察するうえで欠かせない基礎知識を教えていただきましたが、今年は胃腸にまつわるさまざまな説を根来教授に検証していただきますよ。

 

 

根来 巷に流布している説には、根拠のない眉唾なものもありますからね。

 

 

いし では早速ですが、いしまるこが小さいころ、おなかがくちくなってごろごろしていると
「食べてすぐ横になると牛になるよっ!」
とおばあちゃんによく言われてたんですけどぉ。

 

 

根来 牛にはなりませんね。

 

 

いし 牛にはならない…?

Dr.negoro_0119_web03

 

 

根来 はい。食直後にむやみに活動すると、血液が筋肉に使われるため、胃腸への血流はセーブされます。
消化吸収のためには、食後は安静に過ごすほうがベターですね。

 

第25回
食べてすぐ横になると牛になる…!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top