捨てにくいものを捨てるコツ②【だるま・プレゼントされた人形】/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ   林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com

 

運がUPする「おそうじ風水」

 

 

PART4

願いをかなえてくれる小物選び

 

おそうじで家の中をきれいに片づけようと思っても、なんとなく捨てにくいな…と思うものはありませんか? そんな、捨てる際にどうするべきか悩むものを捨てるコツについてご紹介します。

 

 

 

捨てにくいものを捨てるコツ②

 

 

◆だるま

だるまは願いがかなわないと、もう一方の目を入れられない悲しさがあります。そんな残念で悲しい思い出や、成就しなかった思いがだるまにこもるので、処分します。粗大ゴミの日に、他のゴミと同様に処分しても問題はありませんが、気になるようであれば、神社やお寺でお焚き上げをしてもらいましょう。

 

願いがかなって両目が入っただるまは、ポジティブなものですから、大事に飾っておきます。汚れたり、時間が経って邪魔になれば、不要なものになるので、捨てるか、お焚き上げを。

 

P166-01_Web用

 

 

 

◆プレゼントされた人形

不幸な人や嫌いな人からもらった人形は、目に触れるたびに嫌なことを思い出してしまいます。そのようなときは、人形にも悪い気がたまるので、思い切って処分しましょう。どんなに気に入っていても、古くなり汚れてしまい、置き場所もないお人形は、処分するしかありません。洗ってバザーに出すか、汚れが落ちない場合は燃えるゴミへ捨てます。

 

ただし長い間飾っていると、魂が宿ることもあります。思い入れの強い人形などの処分に困ったら、神社やお寺に持っていくと、お焚き上げをしてくれます。

 

P167-01_Web用

 

 

 

 

イラスト/MINT JULEP

 

 

 

次回は、誰もが必ずといっていいほど持っている、【招き猫・お守り・名前入りのもの】を捨てるコツをご紹介します。

 

第72回
捨てにくいものを捨てるコツ②【だるま・プレゼントされた人形】/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top