風邪にかかりにくくなるには?/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ   林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com/

運がUPする「おそうじ風水」

 

 

PART2

願いをかなえるおそうじ術

 

恋愛がうまくいく! 仕事で成功する! 健康な暮らしを満喫する!

あなたなりの幸せな未来を描いて、おそうじをしてみませんか?

願いごとにおそうじのツボを紹介します。

 

 

 

 

風邪にかかりにくくなる

 

 

玄関の外側をきれいにかたづける

 

風水では、窓は目、煮炊きをするコンロは消化器系の器官と、人体の機能を家の場所になぞらえて考えます。玄関は、口や鼻と密接な関係があるとされています。

 

そこで風邪の原因となるウイルスを口や鼻から防ぐためには、玄関まわりをきれいにします。悪い気を寄せつけないことが目的なので、玄関の外側をそうじしましょう。石や枯れ葉、砂ボコリやゴミが落ちていると、呼吸器系の機能が弱まり、風邪を引きやすくなります。

 

また、玄関前に置きっぱなしにしているガラクタなどがあれば、まとめて処分します。自転車や三輪車、バイクなどを置いている場合は、玄関の扉から離した場所に移動させて、門構えはすっきりさせると良い気が巡ります。仕上げに、ほんの2〜3分程度で構わないので、玄関まわりの掃きそうじをします。これはぜひ習慣にしたいもの。とくに寒い冬の季節は、積極的に掃きそうじをすることで身体が鍛えられるため、風邪に打ち勝つ体力づくりにもつながります。

 

玄関や窓が北向きの場合は、寒気が吹き込みやすく、冬場は風邪をひきやすいので、丁寧にそうじを心がけると、風邪を引かない丈夫な身体になります。

 

 

戸建て住宅の玄関アプローチ 外観 ヨーロッピアン調 アンテーク風

 

 

 

 

 

次回は、ストレスを上手にかわしたいときにおすすめの「おそうじ風水」をご紹介します。

 

第51回
風邪にかかりにくくなるには?/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top