息子が結婚しました!ハワイの挙式で涙が溢れ……

プロフィール写真

金沢便りをお届けしています。百聞は一見にしかず!なんて都合のいい理由をみつけて、スタジアム、美術館、映画館、ライブ会場に出没してます。でも読書もヨガも大好きのインドア派です。

2016年11月24日、オアフ島の東海岸にあるセント・カタリナ・シーサイドチャペルにて、不肖の息子が、結婚式をあげました。
親がかりだったり、建前主体の昭和の結婚式とちがい、平成では、お披露目などにこだわらず、純粋に2人の門出を祝うことが多いようです。今回も企画、予約すべて、新婚夫婦にお任せで、両家の親族(それぞれの両親と妹の計6人)は、便乗させてもらうだけでした。

img_0762

北半球のハワイは、日本と同じく季節は冬で、ちょうど雨季にあたるので、ハワイの…どこまでも青い海、果てしなく青い空とはちょっとイメージがちがってました。えっ。金沢の空、と見まがうほどの曇り空でした。時折、シャワーと呼ばれる小雨が降りました。でも、そのおかげで
虹を何度も見ることができたのです。

img_0508600

ホノルル空港に到着したときから、空には雲が広がり、なんとか式の当日には晴れてほしいなぁと、願っておりましたが、結婚式の当日も朝からシャワーが、降り注いでいました。

 

 

しかし、晴れ間が見えるとそこは常夏の国、ハワイです。パームトゥリーが輝いていました。

img_0516600

宿泊していたホテルにリムジンがお迎えしてくれまして、両家の親族は教会に向かいます。

img_0731600

ワイキキの中心部から、ダイアモンドヘッドを右手にみながら、島の東部に向かいます。左手の山側には、ハワイのイメージとはまったくちがう岩肌が続きます。溶岩台地であることを思い起こさせます。
岸壁の上から、ラビット島がみえてくるとリムジンの運転手さんが窓を開けて、seabirdの聖域の島が手前に見えるよと教えてくれました。それはそろそろ教会に到着する合図だったようです。

 

 

教会に着くと、すぐ後ろに新郎新婦のリムジンも停まっていました。
成田出発から別動隊だった新郎新婦とはじめて対面します。

img_0527600

先にロビーで待っていると、いよいよ新郎新婦の登場です。
馬子にも衣装の息子と、可憐なドレス姿の花嫁さんです。花嫁さんとこの時、初対面の娘(新郎の妹)は『かわいい、かわいい』を連発しながら興奮している様子でした。ウエディングドレスにはパールがちりばめられていて、シンプルながら、時折、光にきらめいています。

img_0530600

新婦のご両親には役割があり、新郎新婦とともに打ち合わせにいかれていました。その間はロビーで花婿の母ながら、ちょっと緊張しながら待ちます。

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方



To Top