ナマステの国へ。ミュージカル、寺院、遺跡、買物・・・楽しすぎるインド

プロフィール写真

和歌山生まれ、西日本アチコチ育ち。結婚後~広島県在住。ガーデニング系の資格を多数所持。好きなことには猪突猛進。現在、毎日のウォーキングから発展して、各地名山の登頂をもくろみ中。地の利を活かして瀬戸内中心にお出かけ情報をお届け予定。

ナマステ~~!!
インド観光大使になりたい隊長の「とも乃」です。

tomo

なんのこったい??とお思いでしょう。
ワタクシ”とも乃”、この年齢にしてインドへ約1ケ月半程、バックパックを背負っての1人旅に出ていました。
結婚前から・・・なので20年以上前からインドに憧れを持っていました。
なかなか行く機会に恵まれなかったのですが、ここへきて自らに色んな風が吹き、この度念願かなって(というかエイヤ!!で)行ってしまいました。結論からいうと、本当に本当に行ってよかったです。

 

ちなみにこのサリーはバラナシのサンタナという日本人宿で、シェフの奥さまに着付けていただきました。が、その話はまた次回に。

taj

さて、旅のルートはというと、デリーから北部(アグラ、ジャイプル、ウダイプル~バラナシ、コルカタ、プリー)を周り、南(バンガロール、ハンピ)~西(ゴア)~デリーへと、インドをなんとな~くの1周してきました。
移動はほとんど列車で。最後は少々飛行機でビューンとワープしました。
1か月半では全く足りず。インドに魅了されてしまった私は、すぐにでも又行きたいと思っています。

 

 

内容が濃すぎて全部紹介はできないので、一部抜粋して紹介いたします。

 

 

デリーでは、とってもとっても行きたかったインドミュージカルを観に「Kingdom of Dreams」に行ってきました。

kingdom

劇団四季の専用劇場のような凝った作り。いやその横に広がる、まるでお台場のヴィーナスフォートのようなレストラン棟や周囲の様子はミュージカル劇場の枠をはるかに超えています。
ストーリーは、簡単なので、言葉がわからずともかなり楽しめました。劇場サイドの壁まで広がるプロジェクションマッピングと最新鋭の舞台装置。途中シルクドウソレイユのような、サーカスっぽい演出。そして、ボリューム満点なダンスと吉本新喜劇風なベタなギャグ。料金は1200ルピー~3200ルピー(約2000円~5500円)と、インドにしては高額ですが、それを観る価値は十分あります。

Kingdom of Dreams
http://www.kingdomofdreams.in

 

また、デリーではヒンデゥ教最大の寺院として登録されている「アクシャルダム寺院」もかなりオススメです。カメラ持ちこみ禁止なので、画像がないのですが、デリーのディズニーランドと言っても過言ではない??ぐらいのエンターテイメント寺院。
夕刻から開催されるプロジェクションマッピングと噴水のショーはかなり見応えあります。入場料無料、ショー観覧が80ルピー(150円弱)。

 

あとは喧噪のデリーと全く逆の街「ハンピ」。かな~り、おすすめです。

ハンピはインド亜大陸の中南東部に位置する古都の遺跡で、周囲には自然巨石群でできた景色が広がっています。 ユネスコ世界遺産の文化遺産にも選ばれているのですが、日本ではあまり知られていません。
インドを旅していて、誰もが”イイ”というので「これは行かない手はない」と行ってきました。
結果、”イイ”としかいいようがない。ゆったりと広がる巨岩とそこらじゅうに存在する遺跡。

hampi1

全てが写真題材となる風景がそこにあります。
とっても小さな”ハンピバザール”と言われる村での滞在も、のんびりできます。
全部で4泊しましたが、もっと、ゆっくり長くいたかった。

hampi2

素敵な日の出スポットも日の入スポットもハンピに、あるので、毎日、太陽を眺めて1日が始まり、そして夕日を見て1日が終わりました。
毎朝8時に川で横倒しで洗われるお寺の象さんを見に行くのも楽しい!!

hampi3

 

次はお買い物のお話です。

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


To Top