軽井沢から小諸の旅。雲上の露天風呂、高峰温泉ランプの宿へ

プロフィール写真

生まれも育ちも大阪という生粋の関西人ですが、結婚して名古屋在住に。昨年より、大学の研究室秘書として仕事を再開。美味しいものは、作るのも食べるのも大好き!「あれ美味しいよ~」と言われれば西へ東へ。子どもたちも独立したので、近場から、うんと遠くまで、興味をひかれたら心のままにおでかけします。

“寒い〜!”でも、だからこそ温泉へ行きたい〜。

1高峰温泉雲海朝焼け

数年前から、郊外や町中に日帰り温泉施設がたくさんできて、それこそ、わざわざ遠くへいかなくても、気軽に温泉三昧!できるようになりましたよね。
しょっちゅう遠出が出来ない身分としてはとっても有難い反面、やはり、雄大な景色のもと、温泉にはいってゆっくりしてみたい〜。という願望も尽きることはなく・・・。かといって、温泉に一人旅・・・をするほどのリキもなく。

 

 

そういうときに有難いのはやはり、友人同志のコミュニティ。毎年、秋の軽井沢マラソンに出場する友人の応援を兼ねて、みんなで旅行にいっている仲間がいたのを思い出し、今回は“今年どうする〜?”の一声がでた瞬間に“行く!”とスケジュールもみないで即決した私。

 

 

でも、この“行く!”という即決即断、外れたことないんですよ〜。
迷う前にGO!と決める。決めたらすべてが動き出す!です!

 

 

・・・ということで、いって参りました。(すでに昨年の10月のお話ですが;)
軽井沢マラソン応援ツアー!(いや、便乗ツアー?!)

 

 

軽井沢マラソン応援!とうたっているのに、実は約10名ほどのメンバーの中で
エントリーしたのは2人;;;そう、あくまでも便乗して軽井沢を堪能する!という目論見は明らか・・・(笑)

 

 

名古屋から一路、車2台で軽井沢へ。中央自動車道を走って順調なら約4時間ほどで軽井沢までいけちゃいます。

 

 

昼食はみんなの希望で軽井沢星野エリア、ハルニレテラスにある、中国料理の希須林(きすりん)で。おすすめの担々麺に大満足。

2-1担々麺

2希須林_外観

そのあとは、マラソンの下見を兼ねて(?)アウトレットへ直行!

 

次はコテージのパーティ!

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


To Top