加賀藩主の愛した庭 金沢城公園にある玉泉院丸庭園へ

プロフィール写真

金沢便りをお届けしています。百聞は一見にしかず!なんて都合のいい理由をみつけて、スタジアム、美術館、映画館、ライブ会場に出没してます。でも読書もヨガも大好きのインドア派です。

2017シーズンの冬は、年末より全く雪がなく、あたたかく過ごしやすくはじまりました。
雪があるのが当たり前となっている北陸人にとってなんだか拍子抜けなものです。その反面、あとでドカ雪が降るのではと一抹の不安を、覚えたりします。

 

 

すると、成人式が過ぎたあたりぐらいにシベリアより大寒気団がやってくるというニュースにいよいよきたか!と、かまえたのですが、金沢では思ったより積雪はなく、少しホッとしました。

 

 

そこで、いつもより少ない雪景色ですが、ご紹介したいと思います。
金沢城公園の中に、玉泉院丸庭園があります。
三代藩主前田利常が作庭をはじめた辰巳用水を利用した池泉回遊式の大名庭園です。玉泉院というのは、二代藩主前田利長の正室で、この場所で居をかまえたことから、玉泉丸と呼ばれるようになったそうです。

IMG_0999
こちらの庭園がある場所は、私が高校生の頃、石川県立体育館があってバドミントンの試合会場として行ったことがあるところなんです。
庭園が整備されてからは、初めてでした。
ちょっと遠回りでしたが、大手堀を左手にみて黒門口から入りました。遠くに金沢城五十間長屋が見える新丸広場に来ました。あたり一面の銀世界は壮観です。

IMG_0988

きっとこの雪の光景は、雪国以外から来られた方には、新鮮な光景だろうとおもいます。もう少し雪があったら、バタンと人型をつけたいくらいです。(子供の頃、よくしました)観光客らしきカップルが楽しそうに走り回ってました。

 

金沢城公園への坂をあがっていくと、遠くにみえていた菱櫓や五十間長屋が全貌を表します。

IMG_1186
やはりあたり一面の雪原になっています。しかも、ちょうど吹雪いてきていましたが、それも雪国としての趣のひとつですね。下の写真は夏に行った時の五十間長屋です。緑が眩しいです。

 

 

さて、今回の目的は、玉泉院丸庭園です。三の丸広場から、少し坂を下って行くと……

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


To Top