更年期を熟知した素敵女医座談会①薬が効かない更年期のつらい日々


婦人科ドクター×アンチエイジングドクター座談会

 

更年期を熟知した素敵女医による

更年期とホルモン治療の今

 

 

知っているようで意外に知らない更年期のあれこれと、昨今のホルモン治療。
3人の女医に語っていただいた、ご自身の体験も含めた対処法と最新情報などを4回に分けてご紹介。

 

今回は、素敵女医たちの更年期の辛かった日々についてです。

 

 

 

 

土屋眞弓さん Mayumi Tsuchiya

myage_010_087-土屋眞弓さん

54歳 産婦人科・美容皮膚科

土屋産婦人科

 

50歳/閉経後、肌トラブルが

52歳/夫が急逝。夫婦で運営していた病院の院長にも就任。精神的不調に
53歳/精神症状はほぼ解消

 

 

 

まのえいこさん Eiko Mano

myage_010_087-まのえいこさん

62歳 皮膚科・美容皮膚科

マノメディカルクリニック
50歳/成長ホルモンを注射

51歳/声枯れ、過呼吸などの症状が現れ、抑うつなどの精神症状に発展

52歳/エストロゲン投与で自分を取り戻す

 

 

 

飛田砂織さん Saori Tobita

myage_010_087-飛田砂織さん

47歳 美容皮膚科・抗加齢医学
クリニックシュアー銀座
30代後半、PMSに悩む。漢方薬などで対処

43歳/疲れと冷えの症状改善のため、

ナチュラルホルモンを使ったホルモン補充療法を開始

 

 

 

どんな薬も効かない!
更年期のつらい日々

 

 

まの 私の更年期はひどかったですよ。50歳頃から不安感と疲労感、イライラ、微熱、手指・足の痛み、物忘れなどの症状に悩まされました。終始頭にもやがかかったような状態で、うつ病や認知症を疑ったくらいです。

 

土屋 おつらかったでしょうね。それらの症状には、どのように対処されたのですか?

 

まの 最初はアメリカから自費で成長ホルモンを輸入し、毎日両脚に1本ずつ打っていました。ところがまったく効果なし。それ以外にも各種ホルモン剤、抗うつ剤、SSRI(セロトニンの減少を防ぐ薬)、漢方薬、サプリメント、アロマオイル、
整体など、あらゆるものを試しましたが、症状は悪化するばかりでした。

 

飛田 日本でホルモン補充療法が注目されはじめた頃でしょうか?

 

まの そうです。私はアメリカのアンチエイジング科にかかっていたので、すすめられるまま成長ホルモン、甲状腺ホルモン、男性ホルモン(DHEA)を1年ほど使っていました。ところが男性ホルモンを試したら、あごにニキビがボコボコできるじゃないですか! 服用を中止したものの、治るのに1カ月かかりました。

 

土屋 その頃、エストロゲン(女性ホルモン)の数値はどうでしたか?

 

まの 十分でした。だから心身の不調と更年期が結びつかなかったのね。

 

飛田 どのようにして改善を?

 

まの ある日、プレマリン(エストロゲン剤)を1錠飲んでみたの。そうしたら30分ごとに頭の中がクリアになって。「やっぱり女性ホルモンがカギを握っているのね!」と実感しました。その前に黄体ホルモンも飲んでいたのですが、おりものが増えるのが不快でしたし、乳がんへの懸念もありました。HRT(ホルモン補充療法)としては、プレマリンを少しと、エストラーナテープ(エストロゲンの一種であるエストラジオールを補う貼り薬)ですね。

 

まの先生愛用の薬とグッズ。最も効果が高かったのはエストラーナテープですが、香水も役に立ったそう。「気持ちが落ち込んでつらかったときは、大好きな爽やかな香りの香水やコロンで気分を上げていました」

まの先生愛用の薬とグッズ。最も効果が高かったのはエストラーナテープですが、香水も役に立ったそう。「気持ちが落ち込んでつらかったときは、大好きな爽やかな香りの香水やコロンで気分を上げていました」

 

対談は次ページに続きます。


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top