お酒のお供やふだんの副菜に。つまみ&小さなおかず⑪豆腐ステーキ甘みそだれ


素材を選ばない柔軟さと和・洋・中すべての料理に変身できる多様性。コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいいなど、豆腐はまるでスーパーマンのような存在。奈良時代から長い長い間日本人に愛され続けてきた豆腐を、先人の知恵に感謝しつつ、おいしくいただきましょう!

 

今回は豆腐ステーキ甘みそだれをご紹介します。

 

 

 

 

コクのある甘みそに
白髪ねぎとくるみがアクセント

豆腐ステーキ甘みそだれ

豆腐の実力 豆腐ステーキ

材料(4人分)
豆腐(もめん)………………………… 2丁
長ねぎ(白い部分)…………………… ½本
あさつき……………………………… 4本
くるみ……………………………… 約10g
上新粉…………………………………適量

 

a

卵黄…………………………… 1 個分

八丁みそ………………………… 50g

田舎みそ………………………… 30g

みりん、砂糖……………各大さじ2

酒…………………………… 大さじ3

 

サラダ油……………………………… 適量

 

 

 

作り方
1 豆腐はペーパータオルに包んで軽く重しをのせ、15分ほどおいて水きりをします。

 

2 長ねぎは長さ4㎝に切って縦に切り込みを入れ、芯を取り除いてせん切りにし、水にさらして水気をきります。あさつきは長さ4㎝の斜め切りにします。

 

3 くるみはフライパンで香ばしくからいりをして粗熱を取り、粗く刻んでおきます。

 

4 甘みそだれを作ります。鍋にa を入れて木べらでよく混ぜ合わせ、なめらかになったら、 混ぜながら弱火にかけます。全体にぽってりとつやがでて沸騰寸前になったら、火を止めます。

 

5 ①の豆腐の水気をふいて1丁を半分に切り、上新粉を全体にまぶしつけます。

 

6 フライパンを熱してサラダ油を多めになじませ、豆腐を入れて全体に薄く焼き色がつくまで焼きます。

 

7 ⑥を皿に盛りつけて④の甘みそだれをかけ、③のくるみを散らします。上に②の白髪ねぎとあさつきをのせて仕上げます。

 

 

 

 

次回は豆腐とトマトの中華風サラダのレシピをご紹介します。

 

 

 

 

料理/村岡奈弥 カメラ/白根正治

 

第30回
お酒のお供やふだんの副菜に。つまみ&小さなおかず⑪豆腐ステーキ甘みそだれ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top