気が利いた季節の挨拶を使えれば もっと手紙を好きなる、はず!

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

気がつけば、私たちの生活にすっかり定着したメール。(最近はもっぱらLINEという方も多いと思いますが)

 

 

 

 

今、ちょっと調べてみたところ、iモードが誕生したのが1999年2月。私が遅まきながら携帯メールを始めたのは、その少しあとだった記憶があります。パソコンでメールを始めたのは携帯メールより早かったので、考えてみれば20年近い付き合い!
人によって違いがあるのはもちろんですが、こんなにも月日が経ったんですね。

 

 

 

そのせいか手紙を書く機会は減ってしまいましたが、目上の方には「やはり手紙でなければ」と思うし、そもそもメアドを知らないこともあります。
そしてなぜか無性に「紙に文字を書きたい!」という気分になることも。それは、素敵な便せんやはがきを選ぶ楽しさとセット、なのかもしれません。

 

 

 

というわけで、時折「さあ、書こう!」「書かなければ!」と思い立つものの、毎回そこではたと手が止まってしまいます。なぜなら、書き出しの言葉がなかなか出てこないから……。

 

 

 

一般的には季節のあいさつから始めるものでしょうが、「天高く馬肥ゆる秋」みたいな常套句すぎる言葉だとピンとこないし、「日ごとに秋が深まりますが」だとあまりにも普通。かといって、オリジナリティーにあふれすぎていても伝わりにくい。
「季節が感じられるセンスのいい言葉はないかな」と、いつも考え込むのです。

 

 

 

『にほんご歳時記』を書店で手に取ったのは、そんなもどかしさがあったからだと思いますが、もちろんこれは手紙文例集ではないし、一般的な歳時記ともちょっと違います。

書評_photo

『にほんご歳時記』
山口謡司 PHP新書 ¥780(税別)
「忙しい毎日、ほんの少しだけでも、『季節』というものに目を向けて、自分の心にそれを映すことができれば、渇いた心にきっと温かい風と夢と愛が溢れてくるのではないか」と著者。「紅葉はなぜ『狩る』のか」など、人に話したくなるような話題が満載

 

 

いわば、言葉を手掛かりに季節の感触を思い出させるエッセイ。
「センスのいい言葉って簡単に考えつくものではないけれど、ここに書かれているようなことを知っていると土壌ができていくのかな」としみじみ思いました。
ちなみに著者は日本文献学が専門で、イギリス、フランス、中国の言語や文化に明るい学者。奥様はフランス人で、俳句を作る方なのだそうです。

 

 

 

この本は普通の歳時記同様、春、夏、秋、冬の順に、時の流れを追うように書き進められています。
だから最初から読んでいってもいいし、そのときどきにふさわしいページを開いてもOK。気分次第でどんな順番でも、どこで区切りをつけても気にならないという自由さがあるので、すきま時間の読書にぴったりです。

 

 

 

キャッチコピーをつけるとしたら

“一滴でも心が潤う美容液みたいな本”

でしょうか。

 

第18回
気が利いた季節の挨拶を使えれば もっと手紙を好きなる、はず!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top