ベルギーのテロで亡くなった監督が残した福島。映画『残されし大地』について

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

春の足音が遠くから聞こえ始めたある日、OurAgeのふみっちーから「映画の試写会に行きませんか」とお誘いがありました。

 

 

『残された大地』というタイトルのその作品は、福島原子力発電所の事故のあとも土地に寄り添って生きる3組の家族を描いたドキュメンタリー。

書評_photo

監督のジル・ローランさんは映画の編集作業がほぼ終わった昨年3月、祖国のベルギー・ブリュッセルで地下鉄テロに遭い、命を落とされた方だそうです。

書評_photo

ジル・ローラン監督

 

 

奥様が日本人で、彼女の母国の“福島”とそこで生きる人々に興味を持ち、いろいろなことを調べ、メガホンを取る決意をしたローランさん。
彼の声高ではないメッセージがまっすぐ伝わってくる映画だっただけに、遺作と知って残念でならなかったし、原発事故とテロを同列に語れないとわかりながらも、「なぜこんなことが起きるの?」という思いがこみ上げてきました。

 

書評_photo

映画出演者とスタッフ

 

初めに「土地に寄り添って生きる3組の家族」と書きましたが、事情やスタイルはさまざまです。

 

 

自宅や地域で飼っていた動物の保護のためにその地に残った人。

事故前と同じように農業を続ける人。

雇用促進住宅からの帰還を見据えて、放射能測定器を携えながら自宅の手入れをする人。

書評_photo

 

書評_photo

 

書評_photo

 

これからも美しい自然の中で生きようとする彼らの姿が、観る人の感情をことさらBGMでかき立てることもなく、最初から最後まで淡々と、時には自然なユーモアを醸し出しながら映し出されていきました。

 

 

ひとことで言えば、静かな印象の映画です。3家族の誰も声を荒げることはなく、耳に届くのは風が木を揺らす音、茶の間や畑での会話、どこからか響いてくる自治体の広報車の音声……。

 

 

ただ、あの日を境にすべてが大きく変わってしまっています。その原因と目には見えない影響を、私たちはみんな知っています。

 

第34回
ベルギーのテロで亡くなった監督が残した福島。映画『残されし大地』について

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top