Part 2/更年期に頼りになる漢方医・漢方薬①

プロフィール写真

今津 嘉宏

1962年生まれ。外科医、漢方医。

芝大門 いまづクリニック院長。

西洋医学と漢方医学を組み合わせ、「頭のてっぺんから足の先まで」を合言葉に、内科、消化器内科、外科とともに、がん漢方や漢方内科、漢方産婦人科を受け持つ異色の専門医。講演活動、テレビ出演も多数。著書も多く、近著は『最強の免疫力』(ワニブックス)。http://imazu.org

知識を持って、ポジティブに向き合ったもの勝ち!

正しく知りたい「更年期」

 

「更年期って何?」「私って更年期なの?」「このつらさ、いつまで続くの?」etc。40代、50代といっても年齢によって、また人によって、更年期についての知識や、現れる症状にはかなり差があります。

 

ホルモンのバランスがくずれることで、実は誰にでも来る更年期は、不調の感じ方や症状の程度に差こそあれ、私たちの体に大きな影響を及ぼします。今と将来の自分の健康を考えるために、ここでしっかりと更年期のこと、学んでみませんか?

 

 

 

Part2

真っただ中の人に朗報

 

あの手この手で

更年期もHAPPYに過ごす!

 

 

今までとは違う疲労感、不眠、だるさ、のぼせ、多汗…、さまざまな症状が出ている人こそ、目をそらさずに向き合ってください。

 

約10年間の更年期をネガティブになることなく快適に過ごす方法と、元気で素敵な60代、70代にステップアップするための知恵を身につけたい!

 

 

 

 

保険適用になるので、実は安価!

 

更年期に頼りになる漢方医・漢方薬

 

 

漢方薬と聞いて、高価な煎じ薬をイメージするのはかなり古い!
特に更年期の女性にとって、漢方はとても身近になっています。

 

 

MyAge_010_062-063-イメージイラスト

 

 

 

 

じわじわゆっくり効くという
イメージは間違いだった!?

 

 

婦人科でもよく使われるようになってきた漢方薬。特に更年期の症状にはHRT(ホルモン補充療法)と並んで、治療の選択肢に挙がります。

 

「HRTか漢方、どっちを選ぼうか? と迷う人もいますが、併用しても全然かまいません。昔から漢方薬は更年期に使われてきましたが、女性ホルモンが入っているわけじゃない。分類も作用も違いますから、HRTを受けているところに漢方薬を使うこともありますね」
と教えてくださるのは、外科医でありながら漢方医、漢方薬を用いた更年期症状の治療に詳しい今津嘉宏先生。歯切れのよい説明は続きます。

 

「漢方薬はじわじわ効くものだと思われがちですが、2週間ほどで改善の実感があることも多く、早い人なら3日で効果がわかります。即効性のある薬も少なくないんです。私が処方する場合は、改善がみられなかったら、ほかの薬へどんどん変えていくこともある。長く飲み続けなければいけないというイメージも実は間違い。症状が改善したら、服用は終了です」(今津先生)

 

 

 

 

更年期の【三大漢方薬】

MyAge_010_062-更年期の三大漢方薬

 

 

 

 

 

次回は、漢方医の賢い利用法と漢方薬の効果を左右する飲み方についてご紹介します。

 

 

 

イラスト/平松昭子 構成・原文/蓮見則子

 

第32回
Part 2/更年期に頼りになる漢方医・漢方薬①

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top