Part 2/注目の更年期ケア・最新事情②薬を使わない「オーソモレキュラー療法(栄養療法)」

プロフィール写真

溝口 徹

1964年生まれ。新宿溝口クリニック院長。

広く内科系疾患の診療に従事した後、一般診療に栄養療法を応用しはじめ、治療が困難な疾患に栄養療法を実践、多くの改善症例を持つ。2003年、日本初の栄養療法専門クリニック「新宿溝口クリニック」を開設。毎日の診療とともに患者や医師向けの講演活動も。著書も多く、近著は『2週間で体が変わるグルテンフリー(小麦抜き)健康法』(青春新書インテリジェンス)

知識を持って、ポジティブに向き合ったもの勝ち!

正しく知りたい「更年期」

 

「更年期って何?」「私って更年期なの?」「このつらさ、いつまで続くの?」etc。40代、50代といっても年齢によって、また人によって、更年期についての知識や、現れる症状にはかなり差があります。

 

ホルモンのバランスがくずれることで、実は誰にでも来る更年期は、不調の感じ方や症状の程度に差こそあれ、私たちの体に大きな影響を及ぼします。今と将来の自分の健康を考えるために、ここでしっかりと更年期のこと、学んでみませんか?

 

 

 

Part2

真っただ中の人に朗報

 

あの手この手で

更年期もHAPPYに過ごす!

 

 

今までとは違う疲労感、不眠、だるさ、のぼせ、多汗…、さまざまな症状が出ている人こそ、目をそらさずに向き合ってください。

 

約10年間の更年期をネガティブになることなく快適に過ごす方法と、元気で素敵な60代、70代にステップアップするための知恵を身につけたい!

 

 

 

 

保険の適用外だけど、これは気になる!

 

その他の更年期ケア・最新事情

 

 

更年期症状の治療法、実はほかにもいろいろあります。

アンチエイジングクリニックなどの診療メニューに注目して。

 

今回は、保険適用外ながら注目の更年期療法のひとつ、オーソモレキュラー療法(栄養療法)』についてご紹介します。

 

 

 

 

ホルモンも栄養バランスの問題。
栄養療法で月経が復活する人も!

 

 

オーソモレキュラー療法は「栄養療法」とも呼ばれます。薬を使わずに栄養素(適切な食事、サプリメント、糖質コントロールなど)を利用して、根本的な原因を改善することで病気を治す療法です。日本における第一人者が溝口先生。

 

「更年期は、ホルモンバランスの問題に加えて栄養の問題があります。いわゆる更年期の症状にかかわるのは『鉄不足・ビタミンB群不足・血糖値の不安定さ』の3つ。栄養療法でこれらを改善すれば、症状もなくなることが多いです。例えばすでにHRT(ホルモン補充療法)を受けている人でも、HRTがいらなくなる。閉経して2、3年たった人の月経が戻ることもあります。人間は食べ物でできているのですから、早い人なら2週間で症状が消え、ホルモン値さえも変わりますね」

 

特に、糖質まみれの食生活をしている女性は、糖を控えて血糖値を安定させるだけで精神症状が治まるとのこと。覚えておきましょう。

 

 

 

 

新宿溝口クリニック

MyAge_010_065-新宿溝口クリニック

 

東京都新宿区新宿2-3-11 御苑前311ビル5F ☎03-3350-8988

●診療内容/栄養療法、高濃度ビタミンC点滴療法ほか

●診療時間/平日10:00~13:00、15:00~18:30

土曜10:00~13:00、14:30~17:00
●予約優先 http://www.shinjuku-clinic.jp

 

*なお、オーソモレキュラー療法を行う医療機関は「オーソモレキュラー.jp」で検索を。

http://www.orthomolecular.jp

 

 

 

 

 

次回は、もうひとつ注目の保険適用外療法、『全身温熱療法「ソアラα」』についてご紹介します。

 

 

 

イラスト/平松昭子 構成・原文/蓮見則子

 

第35回
Part 2/注目の更年期ケア・最新事情②薬を使わない「オーソモレキュラー療法(栄養療法)」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top