効果あります! 毎日の温浴ケア

プロフィール写真

体育大学卒業後、電気メーカーの営業職に。幼稚園教諭を経てアメリカへ。
アメリカ10年の滞在中に「ファミリーケア」という地域の家庭医療体制のボランティアチーム代表として活動。
帰国後、本格的に医療を学び、2002年 Familleファミーユを開業。
2012年 フェイスブックから誕生した癒しほぐし処SlowLifeスローライフ(http://slowlife-cozy.com/)を開業。
癒しほぐし人(びと)を輩出する癒しケアカンパニー(http://cozy-care.com/)代表理事も務める。
著書にフェイスブックで知り合った5人の仲間との共著「ハーフタイムとなった人生、リ・チャレンジ 輝きの今」、チームジャパンなう( http://goo.gl/1WFEJ)がある。

6月に入り梅雨入り宣言もされましたが
まだ雨の日も少なく

深緑が美しいですね。

さて、今回の毎日YOJOでは、

『毎日の温浴ケア』

についてお話しします。

 

 

一か月以上固定していたギブスもはずれ

心も身体も軽くなり、

リハビリに励んでいます。

右腕肘も日毎に動くようになって

少しずつ良くなって来ました。

 

 

ギブスが外れて一週間くらいは
右腕も上がらず、肘も曲がったままで
痛みもあり、全く動きませんでしたが
毎日のリハビリで徐々に

動くようになりました。
そのリハビリの中でも
温浴ケアはとても効果がありました。

 

 

 

日本には湯治という言葉があるように
昔から温泉の効能によって体調を整え、

病気やケガの治療に効果的な温泉療法として、
医学的に認められた医療法の
ひとつとされています。

 

 

温泉地に行って2週間ぐらいゆっくり
過ごせれば良いのですが、
体調が悪い時や怪我をしている時は
温泉地に行くこともとても難しくなります。

 

 

そこで自宅のお風呂での温浴ケアでも
毎日ケアする事が効果的となります。

 

 

温泉効能のある入浴剤やアロマなどを

入れるとより良いですね。
病気や怪我した時のリハビリだけでなく
老化予防・養生としておすすめです。

温浴ケア2-1

 

『温浴ケアの利点』

温熱効果で血管が拡張され血行が良くなり

関節や筋肉の弾力性も高まるため、

リハビリ効果が促進される。

浮力効果によって体重の負荷を抑えられ

痛み・しびれや関節痛があっても

楽に身体を動かすことができる。

水圧によって身体が適度に圧迫され、

血液の循環がよくなり、疲れやむくみがとれる。
リラックスして身体を動かしやすい。

 

『毎日の温浴ケア法』

入浴温度は38℃~40℃位にする。
(のぼせないように少しぬるめにする)
体全身をお湯に浸かって腕、肩、腰、足など
曲げたり伸ばしたり、回したり、
ストレッチをして3分程動かす。
浴槽に腰かけて同じように身体全体を
ストレッチや回したりなどして3分程動かす。
④②をお湯に浸かりながらと浴槽に腰かけながらの

それぞれで交互に3回ほど繰り返す。

入浴後、やボディクリームなどを
体に塗りながら軽く撫でる。
(痛みがある場合は消炎鎮痛剤クリーム
を使用するとより効果的)

ゴルフボールやテニスボールを使って
手・足・肩・腰など体全体をゴロゴロ
しながらマッサージする。

 

リハビリの時は、朝(または昼)と夜の計2回ほど

入浴するのがおすすめです。

予防や養生には、リラックスしながら

夜に入浴するのが良いでしょう。

 

温浴しながら首、肩など体を動かす事で
首の痛み、肩腕の痛み、腰痛・膝痛などの
痛みも軽減し、動かしやすくなり
可動域も広がって予防にもつながります。
温浴ケアはとても簡単な事ですが
とても効果がある事を体感しました。

 

是非、楽しみながら自宅のお風呂で
身体を自由に動かして
温浴ケアしてみて下さいね。

 

では、笑顔で元気に素敵な毎日YOJOを~♪

第48回
効果あります! 毎日の温浴ケア

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント(1)

温浴は、腰にも効果絶大でした。
続けたいと思います。
もう少しゆっくり入らなきゃね。

浩ちゃん - 2016年6月15日 20:54
コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top