OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/135031/

心臓病による突然死を防ぐには?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。待望の新刊『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』が発売に! 前作『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部PKD Center Visiting Professor、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

いし こんにちは。ぐうたらライターいしまるこです。
ハーバード大学医学部根来秀行教授による体内向上プロジェクトの新企画「心臓年齢を若返らせる!」の3回目ですよ。

 

 

根来 みなさん、お元気ですか? 根来秀行です。前回は、心臓を弱らせる大きな原因は、心臓をとりまく大きな血管「冠動脈」の老化であることをお話ししましたね。

 

 

いし つまり、冠動脈の動脈硬化ですよね。何歳くらいから始まるのですか?

 

 

根来 冠動脈の動脈硬化は50代くらいからじわじわと起きてきます。

 

 

いし やっぱり……。

 

 

根来 冠動脈の動脈硬化は、虚血性心疾患のいちばんの原因であり、虚血性心疾患は、突然死の原因のトップです。

 

Dr.negoro_Ill

 

冠動脈の内側にある内皮細胞の隙間に脂肪物質が入り込み、かゆ状になって蓄積(プラーク)。動脈硬化が進行すると、このプラークが血管の内腔方向にふくらんで、次第に冠動脈の内腔が狭くなり、70〜80%ほど血管が詰まると狭心症に陥りやすくなります。さらに進行するとプラークが破れて血栓ができ、血管が90%以上詰まってしまうと、その先の細胞が壊死して心筋梗塞を起こします。

 

 

いし 虚血性心疾患は、狭心症や心筋梗塞の総称ですよね?

 

 

根来 はい。冠動脈の内腔が狭くなり血流が一時的に途絶え、心筋が酸素不足で悲鳴を上げている状態が狭心症。さらに進んで冠動脈に血栓(血のかたまり)が詰まり、心臓への血流が途絶えて心筋の一部が壊死するのが心筋梗塞です。

 

 

いし ううっ、説明を聞いているだけでも苦しくなってきますぅ。狭心症と心筋梗塞の自覚症状に違いはあるんですか?

根来 狭心症は胸に強烈な痛みがありますが、たいていは数分以内にスッとおさまります。胸の中央部が締めつけられるような、息が詰まるような痛みで、左肩や左腕に痛みが広がることもあります。

 

 

一方、心筋梗塞は、狭心症よりさらに痛みが激烈で、胸だけでなく、肩、腕、首、あごにまで激痛が及ぶことも。失神することも珍しくなく、多くの場合、10〜20分以上続きます。

 

 

いし 知り合いのおじいちゃんが、心筋梗塞になったときのことを振り返って、「仁王様に踏みつけられているようじゃった」と言ってたなあ。

 

 

根来 体験者は死の恐怖を伴うような痛みだといいます。ただし、まれに無痛性の心筋梗塞もあります。

 

 

いし それはそれで気づきにくいという問題がありますね。ともかく、おおごとになる前に、なんとか手を打ちたいです!

 

 

根来 そうですよね。虚血性心疾患でかつぎこまれた患者さんたちの話を聞くと、「思い返せば発作が起きる1ヶ月前くらいから普段感じたことのない痛みや違和感があった」という人が意外に多いのです。

 

 

いし 具体的にはどんな症状ですか?

 

 

根来 のどや肩、腕の痛み、胃の不快感など、一見、心臓とは関係なさそうな症状なのですが、実は動脈硬化が進行したときに見られる症状なのです。

 

 

この症状、予兆かも!?

• 胸痛

• 炎症ではないのどの痛み

• 肩、背中、腕の痛み

• 息切れ

• 動悸

• 冷や汗

• 全身の倦怠感

• 手足のむくみ

• 胃の痛みや違和感、みぞおち辺りのむかつき

 

 

根来 こういったいつもと違う症状が気になるときは、循環器内科など専門の医療機関に相談するとよいでしょう。とくに閉経後は、抗動脈硬化力が高い女性ホルモンが激減し、虚血性心疾患のリスクがより高まるので、更年期世代は油断禁物です。

 

 

いし 心臓病といえば中高年の病気というイメージですけど、最近では、20代、30代の若い世代にも虚血性心疾患にかかる人が増えているようですね。

 

 

根来 そうなんですよ。大きな原因としては生活習慣の乱れが考えられます。

 

 

いし ふんふん。

 

 

根来 虚血性心疾患の原因となるのは冠動脈の動脈硬化です。動脈硬化のリスクファクターは加齢だけでなく、高血圧、糖尿病、高血糖、高脂血症、肥満、喫煙など、生活習慣と密接に関係しています。これらに該当すると大幅にリスクが上がるといわれ、危険因子が重なればさらにリスクが高まります。

 

 

生活習慣を改めて、これらのリスクファクターを減らすことが、狭心症や心筋梗塞による突然死を防ぐことにつながります。具体的なセルフケアについては、僕が以前より提唱している毛細血管ケアと同じです。拙著『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』をご参考にしてください。

Dr.negoro_photo

 

 

 

 

 

それではみなさん、今日も素敵な1日を!

 

Dr.negoro_photo

 

 

次回は、不整脈についてうかがいます。お楽しみに!

 

 

取材・文/石丸久美子 撮影/角守裕二 イラスト/浅生ハルミン

<前の記事

<前の記事
第74回/タフな心臓をも弱らせる冠動脈の老化/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第76回/不整脈ってなんですか?/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

細胞を元気にするのは「笑える日々」の積み重ね!?/根来秀行さん× 南果歩さん「病まないための細胞呼吸レッスン・3」

第107回/細胞を元気にするのは「笑える日々」の積み重ね!?/根来秀行さん× 南果歩さん「病まないための細胞呼吸レッスン・3」

現代人は呼吸のし過ぎ!?呼吸の回数が増えすぎると…/根来秀行さん× 南果歩さん「病まないための細胞呼吸レッスン・2」

第106回/現代人は呼吸のし過ぎ!?呼吸の回数が増えすぎると…/根来秀行さん× 南果歩さん「病まないための細胞呼吸レッスン・2」

あの「がんサバイバー女優」が一気読みした「呼吸本」とは?/根来秀行さん× 南果歩さん「病まないための細胞呼吸レッスン・1」

第105回/あの「がんサバイバー女優」が一気読みした「呼吸本」とは?/根来秀行さん× 南果歩さん「病まないための細胞呼吸レッスン・1」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル