心臓病による突然死を防ぐには?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

いし こんにちは。ぐうたらライターいしまるこです。
ハーバード大学医学部根来秀行教授による体内向上プロジェクトの新企画「心臓年齢を若返らせる!」の3回目ですよ。

 

 

根来 みなさん、お元気ですか? 根来秀行です。前回は、心臓を弱らせる大きな原因は、心臓をとりまく大きな血管「冠動脈」の老化であることをお話ししましたね。

 

 

いし つまり、冠動脈の動脈硬化ですよね。何歳くらいから始まるのですか?

 

 

根来 冠動脈の動脈硬化は50代くらいからじわじわと起きてきます。

 

 

いし やっぱり……。

 

 

根来 冠動脈の動脈硬化は、虚血性心疾患のいちばんの原因であり、虚血性心疾患は、突然死の原因のトップです。

 

Dr.negoro_Ill

 

冠動脈の内側にある内皮細胞の隙間に脂肪物質が入り込み、かゆ状になって蓄積(プラーク)。動脈硬化が進行すると、このプラークが血管の内腔方向にふくらんで、次第に冠動脈の内腔が狭くなり、70〜80%ほど血管が詰まると狭心症に陥りやすくなります。さらに進行するとプラークが破れて血栓ができ、血管が90%以上詰まってしまうと、その先の細胞が壊死して心筋梗塞を起こします。

 

 

いし 虚血性心疾患は、狭心症や心筋梗塞の総称ですよね?

 

 

根来 はい。冠動脈の内腔が狭くなり血流が一時的に途絶え、心筋が酸素不足で悲鳴を上げている状態が狭心症。さらに進んで冠動脈に血栓(血のかたまり)が詰まり、心臓への血流が途絶えて心筋の一部が壊死するのが心筋梗塞です。

 

 

いし ううっ、説明を聞いているだけでも苦しくなってきますぅ。狭心症と心筋梗塞の自覚症状に違いはあるんですか?

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第75回
心臓病による突然死を防ぐには?/Dr.根来の体内向上プロジェクト


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top