HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/diet/298423/

脂肪とお腹が気になってきたら! これだけ! 5カ条プログラム

お腹まわりの脂肪が落ちにくくなった…。
そう感じているOurAge世代は少なくないはず!
無理なカロリーカットは健康を損ねる原因になります。ポイントを押さえた賢いボディコントロール法を取り入れて。

 

失敗ダイエットから学んだ、大人ボディのための結論

 

若い頃に無理なダイエットを繰り返し、リバウンドも体験した医師の日比野佐和子先生。

 

「私たち大人が美しい体を保つために大切なことは必要な栄養素を選んでとること。そして、腸活やエクササイズで代謝の向上とストレスケアを図ることも重要です。
過度なダイエットをすると代謝も筋肉も落ちて、結局はやせにくい体になってしまうんです

日比野佐和子先生日比野佐和子(Sawako Hibino)さん
Y’sサイエンスクリニック統括院長。医学博士。
40代で“1日5食ダイエット”を実践、1年で15kg減に成功。ダイエットや眼トレ関連の著書多数

 

 

精神とホルモン分泌は関係が深く、ストレスホルモンが増えるとやせにくい体に。
リラックスしながらインナーマッスルを鍛える呼吸法を毎日しています。方法は、お腹を限界まで引っ込めたまま深呼吸を繰り返すだけ。

トップス¥8900(MANDALA)・パンツ¥5400(YES)/KIT

 

肩甲骨まわりは脂肪がたまりやすいので両手を後ろに組んで上げるストレッチでほぐし、呼吸が浅くなるのも防ぎます

 

 

太ももを高く上げる運動は深層の大きな筋肉が鍛えられ、代謝アップに効果的。楽しみながら続けるために、K-POPアイドルのダンスを取り入れています。
腰をひねる女性的な動きもインナーマッスルにいいし、大きな鏡に全身を映すと意識も高まります。

衣装/本人私物

 

 

ダンスの振り付けはYouTubeを見ながら真似します。ネットで買った韓国アイドルの衣装を着て、気分もアップ!

 

 

グルタチオンは、3種のアミノ酸からなる成分で、体に存在する主要な抗酸化物質。肝機能や血液循環の向上、解毒などから美白まで、さまざまな働きをしてくれます。
つまり、体のエイジングケアをしてくれるので、これが含まれる食品を普段の食事でたっぷり摂取して。ほうれん草やブロッコリーなどの野菜や、レバーにも含まれます。

ゆでて冷凍保存してあるブロッコリーをサラダに。野菜スープもよく作っているそう。

 

 

腸内に多く存在する常在菌は、一般的に食事内容が悪いといわゆる“デブ菌”(ファーミキューテス)が増えるといわれています。なので腸内環境を整えることは大切。
22時~2時は“腸のゴールデンタイム”。夜食にヨーグルトや納豆、キムチなど醗酵食品をとるとやせやすいという実験結果も。食物繊維など善玉菌のエサをとるのも重要です。

ヨーグルト(乳酸菌やビフィズス菌)+バナナ(食物繊維)+はちみつ(オリゴ糖)がとれます。

 

 

エラグ酸は植物に含まれるポリフェノールの一種で、血中の中性脂肪や体脂肪の分解・蓄積をコントロールするといわれています。抗酸化作用もあるので、体のエイジングケアにも欠かせません。
ベリー類やぶどうなどに含まれていますが、とりすぎると糖質が気になることもあり、十分な量をとりにくい成分ともいえます。そんなときは、サプリメントに頼るのもひとつの手段です。

アフリカマンゴの木
植物が微生物感染などから身を守るために生成するエラグ酸。
種子が健康によいと古くから食用にされてきたアフリカマンゴノキにも含まれ、多数の研究が行われています。

 

 

手軽にエラグ酸がとれるサプリメント

 

アフリカマンゴノキ由来のエラグ酸を含んだ機能性表示食品。
エラグ酸が肥満気味な方の体重、体脂肪、血中中性脂肪、内臓脂肪、ウエストサイズの減少をサポートし、高めのBMI値の改善に役立つことが報告されています。肥満や中性脂肪などが気になるOurAge世代。日々の食事&運動にプラスして、健康的なボディメイクを!

 

メタバリア EX
機能性表示食品 【メタプラス ウエストマックス】
希望小売価格:15日分 ¥1598/31日分 ¥2678
内容量:15日分 12.6g(280mg×45粒)・31日分 26.04g(280mg×93粒)
※1日3粒を目安として

 

機能性関与成分:エラグ酸
届出番号:G70
届出表示:本品にはエラグ酸が含まれています。エラグ酸は肥満気味な方の体重、体脂肪、血中中性脂肪、内臓脂肪、ウエスト周囲径の減少をサポートし、高めのBMI値の改善に役立つことが報告されています。
※対象者:肥満気味(BMI25~30)の健常成人。
疾病に罹患している者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む)及び授乳婦を除く。

・本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
・本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

 

お問い合わせ先/メタボリック:0120-362-936
(10:00~17:00 土・日・祝日を除く)


撮影/Jo Moriyama ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/鈴木由香里 取材・文/中込久理


お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

Highlights今、気になる!

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル