HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/331993/

40代からのホワイトニングは歯を強くする!歯のクリーニングから歯科のホワイトニング、ホームホワイトニングまで全部解説

年齢とともに歯が黄ばんできた気がする…。実はそれは気のせいではありません。40歳を過ぎるとお肌の衰えと同様、口元の印象も気になってきます。そこで、歯を白くする方法を、歯科医で歯学博士、厚生労働省歯科医師臨床研修指導医、東京医科歯科大学非常勤講師を務める、照山裕子先生に伺いました。

歯のくすみが気になるならクリーニングから!

年齢とともに、歯は少しずつ黄ばみが強くなり、隣のかぶせ物の歯と自分の歯に色の差が出てきて気になる…そんなふうに感じる人もいることでしょう。歯はどうして黄ばんでくるのでしょうか?

 

「私たちの歯の表面にあるエナメル質は半透明で、内側にある黄味を帯びた象牙質の色が透けて見えています。年齢とともに象牙質の厚みが増すため、相対的に歯が黄ばんで見えることは自然な現象なのです。エナメル質がすり減って薄くなっていく場合は、よりいっそう黄ばみが増すことも考えられます」(照山裕子先生)

 

特に日本人は欧米人に比べて歯の色が黄色いといわれていますが、エナメル質の厚みや性状には人種の差があるのです。このため、海外で手に入れた歯磨剤などは日本人に合うとは限りません。自己流のケアは大変危険を伴う行為です。

 

「歯を白く見せるためには、エナメル質の外側にこびりついたコーヒー、紅茶、赤ワイン、タバコのヤニなどの着色汚れや歯垢、歯石などを取ってリセットすることが基本になります。自分自身の歯本来の色を取り戻せます。

 

こうした目的で行う歯科医院でのクリーニングをPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といいます。定期的に行うことで、歯のくすみが取れ、虫歯や歯周病の予防や早期発見につながるので、習慣にすることをおすすめします」

 

ホワイトニングで歯が強くなる…という利点も!

歯の色を明るく見せる第1ステップがPMTCで、歯の汚れを徹底的に除去します。自分の歯本来の色がわかったところで、さらに明るく美しく見せるためには、薬剤を使ったホワイトニング(漂白)という方法があります。誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう。

 

「歯の表面に過酸化水素を主成分としたホワイトニング剤を塗布することで、エナメル質をすりガラス状に変性させ、内側にある象牙質の黄ばみを隠す仕組みです。また。歯に含まれる色素を分解する効果もあります。

 

薬剤を使うことで、歯へのダメージがあるのでは? と考える方もいますが、医師の処方に基づいて行う医療ホワイトニングであれば安全です。過酸化水素は消毒薬として使用されるオキシドールと同じ成分なので、用法をきちんと守れば歯を傷める心配はありません。殺菌作用があり、虫歯の予防効果もあるといった研究報告も出ています。

 

さらに、歯の表面にあるタンパク質の膜(ペリクル)が薬剤の作用で分解されるので、エナメル質がミネラル成分を取り込みやすい状態になります。 ホワイトニングをした直後にこうした成分を作用させることで、歯を強くする効果が期待できます。歯の表面の凹凸がなくなることで、着色汚れが起きにくい環境に整えることもできます。

 

施術直後はコーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなど、色がつきやすい飲食物の摂取には多少の注意が必要ですが、年齢が上がれば上がるほど差がつきやすい部分なので、トライする価値は十分にあると思います」

 


即効力があるオフィスホワイトニング、優しい作用のホームホワイトニング

こうしたホワイトニングにはふたつの方法があります。ひとつは歯科医院で行うオフィスホワイトニング、もうひとつは自宅で行うホームホワイトニングです。では、それぞれの手順を見ていきましょう。

 

オフィスホワイトニングの手順

PMTCでしっかり汚れを除去します。

歯茎に保護剤を塗ります。

白くしたい歯にホワイトニングの専用薬剤を塗ります。

光やレーザーを当てて反応を促進させます(光照射がいらないタイプも開発されています)。

オフィスホワイトニング1


薬剤を除去。これを2~3回繰り返します。

エナメル質を強化するミネラル成分を塗布して、表面をコーティング。

オフィスホワイトニング 塗布


歯の色を確認する。

 

オフィスホワイトニングのメリット

歯科医師のもとで行うため高濃度の過酸化水素が使用できます。患者さんごとに合う薬剤を見極めて的確な処置ができるので、短時間で確実な効果が実感できます。

 

オフィスホワイトニングのデメリット

一時的に知覚過敏のような症状が起きるなど、薬剤の刺激を感じることもあります。

 

ホームホワイトニングの手順

歯科医院で自分の歯型に合ったマウスピースを作製して、薬剤とともに自宅に持ち帰ります。

歯磨きでしっかり汚れを落とします。

マウスピースに薬剤を注入して、毎日1~2時間装着します。

ホームホワイトニング

歯についたジェルを歯ブラシで落とします。マウスピースはよく洗浄し、乾燥させておきます。

2週間を1クールとして自分の求める白さまで行います。

 

ホームホワイトニングのメリット

自分のペースで歯の白さを追求でき、白くする歯の数が少ない場合は比較的安価で実践できます。回数を重ねることで極限まで白くすることが可能です。

 

ホームホワイトニングのデメリット

オフィスホワイトニングに比べて低濃度の薬剤を使用するため、効果が表れるまでにある程度の時間がかかります。

 

 

オフィスとホームのふたつを組み合わせるデュアル・ホワイトニングという方法もあり、早く確実、安全に白くすることができるので、ほとんどの方がこれを選択されます。

 

近年はかなり安価なセルフホワイトニングという施術が出回っています。サロンや美容院などに併設されたブースで、すべての工程を自分で行う方法です。サロンスタッフの指示で、歯磨きをして自分で歯に薬剤を塗り、LEDを照射します。この場合、歯磨きで汚れが完全に落ちているかも確認されずに行われるので、白さにムラが出る、効果がほとんど得られない、歯茎を傷めるといったトラブルが発生しています。

 

また、海外から輸入された薬剤を使って、自己流のホワイトニングを行う人も増えています。前述したように、これが日本人の歯に合うとは限りません。そもそもマウスピースの適合自体に不安があるので、薬剤が歯茎や喉に流れて痛みを生じ、歯科医院を受診する方も一定数います。

 

やはり、安全にしっかりした効果を得るためには、専門知識のある歯科医師のもと行う医療ホワイトニングをおすすめします」

 

特に口元は清潔感が表れる場所です。何歳になっても美しく健康な歯を維持することは、生活のモチベーションアップにもつながるはず。ホワイトニングで白い歯を手に入れることは、そのサポートになりそうです。

 

 

【教えていただいた方】

照山裕子
照山裕子さん
歯科医
公式サイトを見る
Instagram

歯学博士、厚生労働省歯科医師臨床研修指導医、東京医科歯科大学非常勤講師。口腔ケアに関心を持ってもらいたいと刊行した著書『歯科医が考案 毒出しうがい』(アスコム)がベストセラーに。近著に『新しい「歯」のトリセツ』(日経BP)がある。 照山裕子『新しい歯のトリセツ』 書影

 

イラスト/内藤しなこ 取材・文/山村浩子

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第6回/【専門医が解説】大人の歯列矯正は何歳まで?メリットは? はやりのマウスピース矯正…

次の記事>

次の記事>
第8回/フロスや歯間ブラシの正しい使い方は、歯磨きの前? 後? 正しい歯の磨き方をクイズ…

この連載の最新記事

オーラルフレイルの予防は40歳からのケアにかかっている!

第10回/オーラルフレイルの予防は40歳からのケアにかかっている!

歯磨き粉などの歯磨きグッズは家族で共有しないで!

第9回/歯磨き粉などの歯磨きグッズは家族で共有しないで!

フロスや歯間ブラシの正しい使い方は、歯磨きの前? 後? 正しい歯の磨き方をクイズとイラストで解説

第8回/フロスや歯間ブラシの正しい使い方は、歯磨きの前? 後? 正しい歯の磨き方をクイズとイラストで解説

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル