HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/340011/

脳が喜ぶ室温って? MyAge冬号の見どころを編集長が紹介します

すぎ

すぎ

趣味は好きなバンドのライブ追っかけをしながら、全国のおいしいものを食べること。
摂生のストレスよりも心の健康を一番に、楽しい! 幸せ! と思える毎日を送りたいと思っています。(ただ自分に甘いだけ……かも?)

記事一覧を見る

こんにちは。MyAge編集長の、すぎです。

 

現在発売中のMyAge冬号では、「いくつになっても成長する機能があった! 脳細胞を元気にする方法」という企画を特集しています。

MyAge2023冬号「脳細胞を元気にする方法」トビラ

顔は浮かぶのに、どうしても名前が思い出せなかったり、友達との会話がまるでクイズ大会のようになってきたり・・。

 

年を重ねるにつれ、脳の衰えを感じざるをえなくなってきましたが、それもそのはず。ハーバード大学などの研究によると、脳の機能にはピークの年齢があって、人の名前を覚える力は22歳、顔を覚える力は32歳がピークなんだそう。

 

が、しかし! 年齢を重ねても伸びる脳の力もあって、相手の気持ちを読む力は48歳、語彙力はなんと67歳がピークだというのです。

MyAge2023冬号 脳を元気にする方法 イメージイラスト midorichan

体質や性格など遺伝的な要因のほかに、脳の老化の約40%は生活習慣が関係しているため、何気ない日々の行動や考え方の癖を変えるだけで、脳細胞はまだまだよみがえります! 例えば、

 

よく嚙んでやる気ホルモンを刺激する

 

・脳の活性化にはダンスが最強

 

・脳が喜ぶ室温は夏場は25℃、冬場は18℃

 

・マイナスな言葉が出たら「でも…」をつけてみる

 

・予定がなくても手帳を活用する

 

・会話上手はあいづち上手と心得る

 

・・などなど、理由を読むとさらに納得の「脳細胞を元気にする」21の方法を紹介しています。

 

あなたの「老化脳タイプ」を知るチェックテストもあるので、ぜひ!

(ちなみに私は5タイプのうち「記憶低下型の老化脳」でした。トホホ)

 

イラスト/midorichan 監修/西 剛志(脳科学者) 取材・原文/山村浩子

 

中谷美紀 集英社 MyAge2023冬号 表紙

MyAge 冬号の詳しい内容と試し読みはこちらでぜひチェックを!

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。HAPPY PLUS STOREでもお買い求めいただけます。

最新号およびバックナンバーはこちらのネット書店でも。

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル