OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/208094/

生きがいとは?コロナ渦の折り、「大勢の魂を救済した」といわれる神谷美恵子の伝説の本が50代の私に投げかけたもの

ギリコ

ギリコ

築地界隈に暮らす51歳。毎月開催のセミナーやプレゼント、「君島十和子 美の格言」、「隣の50歳」、「女50歳からのキラキラ老後計画」、「十和子道」など担当。セミナーのときは会場にいつもいます!

記事一覧を見る

外出自粛期間中、本棚の整理をした。

 

仕事の資料本は結構マメに整理をしているが、仕事とは関係なく読んだ本についてはずっと後回しにしていたので5月の連休中にやっと片付けた。

 

20代、30代のときに読んだ本が出てきた。

 

今も内容を覚えている本もあれば買ったことすらすっかり忘れていたものもあったが、この本が出てきたときはハッとした。

『生きがいについて』。

 

著者は神谷美恵子。

精神医学を修め、らい病患者の施設「長島愛生園」で診療にあたりながら精神医学の研究を続けた人である。

 

『生きがいについて』が世に出たのは1966年。

 

以来、たくさんの人に読み継がれてきただけではなく「この本に魂を救われた」という声がひきもきらずあったことから伝説の本、名著といわれている一冊である。

 

ためしにこの記事を書くにあたり、ネットのクチコミをチェックしてみたら

「生きる上での気づきを得られた」

「折りにふれて読み返したい人生の伴走者といえる名著」

「子どもの本棚にそっとしのばせておきたい本」

と賞賛の声がたくさん。

病気や事故で九死に一生を得た人、危うく命を落としかけた経験がきっかけで読んだという人も何人かいた。

 

私がこの本を読んだのはおそらく今から20年前、30歳くらいだったと思う。

 

新聞の文化欄やテレビの教育番組などで神谷美恵子という人が取り上げられているのをちらっと見たことがあったので名前は知っていたが、いよいよ著書を読む気になったのは、ちょうどその時期私にも〝人生の山と谷〟といえるようなことがあり、それを乗り越えるための答えを探していたからだ。

(この本が出てきたとき思わずハッとしたのは、その頃抱えていた苦しさが瞬時によみがえったせいだと思う)

 

ところが……

 

私の心には全く響かなかった。

 

 

そのため本棚にしまったままになっていた。

 

なのにこのたびこの本を20年ぶりに読んでみようと思ったのは、世の中の状況のせいかもしれない。

世の中の状況というのは、いうまでもなく世界が直面しているコロナ渦、コロナの脅威のことである。

 

毎日更新される感染者と死亡者数

誰が罹るかわからない

この数字に含まれるのは明日こそ自分かもしれない

 

そういった背景があり、50歳を過ぎてあらためて読んでみたいと思ったのだとおもう。

 

結果は……

 

沁みた。

 

読むといっても小説やエッセイを読むときのように出来事やストーリーをわくわくしながら追っていくのとは違う。

 

今回わかったのは、自分の心に訴える一文、響く言葉を見つけていくのがこの本の読み方だということ。

 

 

やりがい、幸福感、はりあい。

これらはいわゆる充実した人生が含んでいるものであるが、〝生きがい〟とはまた違う。

 

では生きがいとは何なのか?

そういえば私の生きがいは何だろう?

そもそも生きがいってもっていないといけないの?

 

このように自問自答することが、この本を読むということ。

 

つまり答えは自分の中にあり、この本はそれをひっぱりだす鉤なのだ。

 

……。

 

20年前の自分にこの本が響かなかった理由がわかった。

 

 

最後に本の中の一文を紹介する。

哲学者ルソーの著書『エミール』から引用されたものだ。

 

もっとも多く生きたひととは、

もっとも長生きをしたひとではなく、

生をもっとも多く感じた人である

 

コロナであっけなく命を奪われてしまう人がいる一方で、人生100年時代にも直面している今、この言葉をかみしめるのは私だけだろうか。

 

今すぐチェック!

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

PR
ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

PR
<前の記事

<前の記事
第106回/早い! うまい! 衝撃の非常食 見つけました!…

次の記事>

次の記事>
第108回/アフターコロナにどこへ行こう?…

この連載の最新記事

本棚から出てきた100年前の辞書と詩と数学と

第111回/本棚から出てきた100年前の辞書と詩と数学と

コロナ禍以降、この風景はどう変わるんだろう…

第110回/コロナ禍以降、この風景はどう変わるんだろう…

発売前から入荷待ち?! 一生もの「バーミキュラ フライパン」の瞬間蒸発って何?!

第109回/発売前から入荷待ち?! 一生もの「バーミキュラ フライパン」の瞬間蒸発って何?!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル