OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/271664/

セルフ 腟ほぐしケア これさえあれば!のお風呂上り 超個人的三種の神器!

くみくみ

くみくみ

OurAgeとともに、その姉妹メディア、50代の女性の美と健康に特化した季刊誌MyAgeの記事を主に担当。医師への取材が多く、発刊からウエルネス旅企画も手掛ける。美味しい食と酒を求めて、世界中どこまでも旅するのが趣味。隙あらば、リゾート、ホテル、島、温泉、スパへも出かける。ホリスティックプログラムも好き。OurAgeにて「エナジーチャージ美とりっぷ」を時々連載中。

記事一覧を見る

寒さも厳しい折、お肌の乾燥も気になる季節。

ついついお風呂で朝晩、温まらないと動きたくない、眠れない気持ちになっています。

 

 

そしてそんな時、大事にしたいのは、お風呂上りのボディケア!!

前に腟ケアサロンの体験リポートをしましたが、お手入れで「腟がふかふかになる」ことを知ってからは、地道に腟ケア、膣ほぐしを続けています。

 

いろいろ試して、今時点の私のお風呂上がりの腟ケア、3種の神器は、こちら。

 

まずは真ん中の、インティメイトオイル 30mL¥8800/ワフィト

 

膣まわり全体に優しく伸ばして馴染ませていきます。ひだのあたりもていねいに。

吸収がいいので、1分くらいでさらりと落ち着きます。最短でもこの吸収時間分をかけて、顔に美容液を塗るように優しくマッサージのようにすると、感覚的にふっくらするような印象。このふっくら感は、いろいろ試した中でも、割とよく感じられました。

 

オイルはものによりとても違いがあり、増粘剤や大きな分子が入っていると、また印象が変わります。

やはりさらっとして、すっと吸収されないと、なかなか使いづらいですよね。

 

さらっとしているけれど、成分は植物性スクワラン、マカデミア、ホホバ、グレープシード、アンズ、アルガン、月見草、ダイズの8種のオイルをブレンドしていて、伸びもよく、乾燥や萎縮にも。

手の平で温めて使うと、よりすうっと浸透する気がします。

 

 

 

右は、アンティーム ホワイトクリーム100g¥2860/サンルイ・インターナショナル

 

数年前に取材した婦人科で扱っていて、記事で紹介して印象に残っていたので、使ってみた一品。

弾力と保湿力を高めて、ターンオーバーも早め、また黒ずみの気になる方にも、という製品で、価格的にもこちらの方が買いやすく、量も多め。化粧品も美白というと惹かれてしまうタイプなので(海やゴルフも好きなので、化粧品だけでもどうにか努力したいのでした)いろいろちょうどいいという印象。

香りが強いものは苦手なのですが、これはハーブの優しい香りがほのかにして、癒されるところも気に入りました。

 

調べると、トウキの根やカンゾウがたっぷり配合されていて、こめぬかエキスもお肌にいいのと、ドクダミも保湿の前にお肌を整える成分だそう。オタネニンンジンやシャクヤクエキスなど弾力のための成分も入っていて、和漢混合なところも好感が持てます。

入っているエッセンシャルオイルは、野生のラベンダー、パルマローザ、ゼラニウム、イランイランなど、他にも8種あり、女性ホルモンのバランスを整え、リラックスできる香りの配合。

 

 

左は、The LADY.デリケート ローズプラセンタ セラム30g¥4380/ザ・レディ

 

女性のホルモン変化世代に向けて、ボタニカルサイエンスのアプローチで作られているブランド。潤いとハリを保ち、かゆみや匂いの改善に効果があるとされるローズプラセンタは、ベルサイユ宮殿の「王のキッチンガーデン」で作られた薔薇を用いているそう。

 

発酵ローズエッセンスも配合(保湿力はヒアルロン酸の1.5倍とか!)されていて、容器も軽く、ちょっとした旅に行くときは、これをポーチに入れて行きます。急いでいる時も、これをシュッと直接一吹きでOKなので助かります。

pHやフローラのバランスが繊細なゾーンを、潤いとハリに満ちた肌に導いてくれることに加え、オーガニックのローズエキスが99.5%以上というのも嬉しいところ。

(今後パッケージがリニューアルされるとのこと)

 

 

上の3つのブランドは、それぞれ優れたウオッシュも出しています。

 

このゾーンはpH値が大切なので、顔に専用の洗顔料を使うように、是非フェムゾーン(デリケートゾーン)の洗浄にも専用ウオッシュを使ってくださいね。

 

 

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第353回/期待を裏切らない映画『コンフィデンスマンJP  英雄編』…

次の記事>

次の記事>
第355回/世界一大きく、世界一(たぶん)アホな鳥、ダチョウが世界を救う!?…

この連載の最新記事

一周回って気がついた!50代のフレグランスは“爽やか”がベスト!

第393回/一周回って気がついた!50代のフレグランスは“爽やか”がベスト!

2022年の国内旅ならお勧め! むちゃ面白い瀬戸内国際芸術祭、楽しむコツをちょっとシェア!

第392回/2022年の国内旅ならお勧め! むちゃ面白い瀬戸内国際芸術祭、楽しむコツをちょっとシェア!

ミスチル求めて福岡遠征

第391回/ミスチル求めて福岡遠征

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル