OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/192368/

クリスマススワッグと女子会パーティー

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

フレッシュな花材を使ってスワッグを作りました。
全てキレイにドライになるので、このままクリスマスまで、そしてそれ以降も長く楽しむことができます。

まずメインのクジャクヒバとヒムロスギをバランスよく組み合わせ、そこへサブの花材を合わせていきます。
枝を交差させたり長さを調節したり、時々目の高さに作成途中のスワッグを持ってくると全体のデザインがよく分かるので、そこからまた植物たちを足し算引き算していくと、だんだんと上手にまとまっていきます。

ユーカリはポプラスベリーとポポラスの二種類を使い、微妙なグリーンのグラデーションを楽しみます。
ユーカリは種類の多い植物ですが、小さな花(蕾)がついているものをポプラスベリーと呼び、葉だけのものをポプラスリーフとしているそうです。

枝に、松ぼっくりのような実がついているのはヤシャブシ。
枝の自然なカーブや動きがスワッグにメリハリを出してくれ、とても素敵に仕上がります。
どこに配置するかはお好みで! ほんの少し位置を変えるだけで、雰囲気がガラリと変わるところもスワッグの面白さです。

存在感のあるシルバーの実はユーカリテトラゴナ。
白く粉が吹いたような見た目はひときわ存在感があり、そのまま単体で飾っても、リースやスワッグに使ってもオシャレ。葉と実はかなりしっかりとしているので、美しくドライになります。

全体のデザインが決まったら麻紐でギュッとしっかり結わき、仕上げにたっぷりのラフィアで束ねて完成。今年も素敵なスワッグが出来上がり、早速、家の壁に飾りました。
週末にツリーも出したことだし、しばらくクリスマス気分を味わえそうです。

 

さて、おいしいものをたくさん作り、女子会パーティーを開催しました。
テーブルにピンク色のクロスを敷き、花を飾り、焼きたてのパン、ザクロの酵素ドリンク、出来立ての料理を並べて、楽しい会のはじまりはじまり。

マッシュしたさつまいもとビーンズを合わせた前菜。

サーモンとじゃがいものキッシュは、豆乳クリームを使っているので、見た目よりあっさりいただけます。

シーフードたっぷり、ショートパスタのパエリア。米ではなくパスタを使うことで、炊き上げる時間が短縮できます。

きっと多くの女性が好きであろう、かぼちゃとナッツのチーズケーキ。カラメルソースを絡めていただきます。

 

楽しくおいしい女子会でした。

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

今すぐチェック!

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

PR
<前の記事

<前の記事
第64回/娘へ贈ったブーケと11月のつくりおき…

次の記事>

次の記事>
第66回/クリスマスリースとパーティーメニュー…

この連載の最新記事

秋の花と、息子と私のお弁当

第84回/秋の花と、息子と私のお弁当

蓮の実と夏のテーブル

第83回/蓮の実と夏のテーブル

グリーンのブーケと夏の朝食プレート

第82回/グリーンのブーケと夏の朝食プレート

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル