HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/more/224092/

「おひとりさまの老後、考えただけで動悸が早くなります」。その不安に地曳さん、水島さんの答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑦

若さも体力も衰え、しかも老後のお金もまったく足りない!!コロナ時代の将来は、心配なことだらけで、考えただけで動悸も早くなる。おひとりさまの心の安定は、どうしたら手に入れることができるのでしょうか。

 

Q おひとりさまの老後が不安

 

42歳で夫と死別し、社会復帰しましたが、親の介護が続き、介護が終了したら50歳を過ぎていました。再就職は厳しく、今はパートとして働いています。

 

周囲は定年退職や在宅ワークのご主人さまへイライラを募らせているようですが、私からしたら贅沢な悩み。稼ぐことも今後の人生をつくるのも自分でしかなく、お金、健康など、不安は半端ではありません。(54歳・パート)

 

お悩みに答えてくれる人生賢者は

地曳いく子さん
Ikuko Jibiki

スタイリスト。30年以上にわたり数々のファッション誌やタレントの衣装などを担当。『50歳、おしゃれ元年。』など著書多数。近著に「若見えの呪い」(集英社文庫)、「日々是混乱 これが私のニューノーマル」(ホーム社)など。OurAgeの連載『地曳いく子のババア上等! 悩み相談』も切れ味のよさで大人気

 

A 誰もが不安とともに生きる時代。「心の浮き輪」で自分を甘やかして

 

旦那さんを亡くされて、親ごさんを介護して…本当にお疲れさまでした。人生って、そういう「がっくりポイント」が必ずあるものですよね。しかも今やコロナのせいで、地球上の全員が「ハズレくじ」を引いた状態。「自分だけがうまくいかない」と思うと孤独だけれど、今は誰もが不安を抱え、不安とともに生きるしかない時代なんですね。

 

そんな暗いトーンの日々を生き抜くには、ちょっとでも気持ちがアガる時間を持つことが大事です。大好きなアイスを食べるのでも、『愛の不時着』を観るのでもいい。「心の浮き輪」になるものを見つけて自分を甘やかしてください。

 

私は先日、IKEAでガーデン用の椅子とテーブルのセットを4,999円で買いました。ベランダに置いて、できるだけ外で朝食をとるようにしています。お気に入りのメニューは、マフィンとゆで卵とミルクティー。うつうつとした気分も、朝の光でリフレッシュされますよ!

 

 

 

お悩みに答えてくれる人生賢者は

水島広子さん
Hiroko Mizushima

精神科医。対人関係療法専門クリニック院長。元衆議院議員。日本における対人関係療法の第一人者として臨床に応用するとともに、その普及啓発に努めている。『女子の人間関係』など著書多数

 

A 「現在」の質をよくすることをつねに心がけてください!

 

今、多くの人が同じような不安を抱えていると思いますが、お金や健康の問題は個々の事情に大きく左右されるもの。「老後の資金がないのは自己責任」と言う人もいますが、42歳で夫が亡くなるなんて自分が望んだことではないのですから、自分の責任だと抱え込まないで。

 

生活保護の制度で最低限の文化的生活は守られますから、万が一のときは遠慮せずに、権利を行使してください。そのうえで大事なことは、「現在」の質をよくすることをつねに意識することです。

 

私たちが体験できるのは「現在」で、未来はその積み重ねでつくられていきます。そして「現在」をどう過ごすかは、自分で決められることなんです。

 

だから、おいしいお茶を飲むとか、ストレッチするとか、今の質を上げることを心がける。これがトレーニングとなって身についていけば、不安もやわらぎ、80歳になってもいい「現在」が送れていると思いますよ。

 

 

イラスト/坂本奈緒 取材・原文/佐藤裕美、本誌編集部

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第7回/「高齢の父との付き合い方に悩んでいます」看護師・僧侶の玉置妙憂さんの回答は/心の曲がり角ののりこえ方⑥…

次の記事>

次の記事>
第9回/「人生このまま終わっていいの?」一条ゆかりさんと玉置妙憂さんがお答えします/心の曲がり角ののりこえ方⑧…

この連載の最新記事

「コロナ禍で不倫相手に会えません」一条ゆかりさんの回答は/心の曲がり角ののりこえ方⑫

第13回/「コロナ禍で不倫相手に会えません」一条ゆかりさんの回答は/心の曲がり角ののりこえ方⑫

「50歳。老化する容姿をどうすれば…」地曳いく子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑪

第12回/「50歳。老化する容姿をどうすれば…」地曳いく子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑪

「相談できる友達がいません」「反抗期の子供が心配です」精神科医の水島広子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑩

第11回/「相談できる友達がいません」「反抗期の子供が心配です」精神科医の水島広子さんのお答えは/心の曲がり角ののりこえ方⑩

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

脂肪とお腹が気になってきたら! これだけ! 5カ条プログラム

PR

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

【動画】身近な事からSDGsに貢献しませんか? 今、「つめかえ」が進化しています。

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

根来秀行根来秀行

今週の新着記事【ランキングトップ10】更年期、疲れがとれない、太る、眠れないなら「甲状腺」を疑って/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル