海老蔵さんゆかりの成田山新勝寺へ開運祈願に

プロフィール写真

洋の東西を問わず、「ストーリーのあるモノ」に魅かれます。〈歴史あるもの〉〈流行りもの〉双方ともに好き。皆様に幸せ訪れる様なお出かけを、東京中心にお伝えしてまいります。

千葉県にある成田山のお不動様に行ってまいりました。

image1

「成田屋」の屋号を持つ市川家(海老蔵さんのお家です)が成田山の不動明王に深く帰依していることでも有名です。
開山の歴史は古く平安時代まで遡り、来年2018年、開基1080年を迎えます。

 

成田駅から趣のある参道を歩いて、成田山新勝寺に向かいます。

image2

写真の奥に写っているのが、薬師堂。

江戸歌舞伎のスーパースター團十郎が一心に祈願した場所、当時の本堂です。

 

 

少し歩くと、総門に着きました。

一礼して門をくぐり、大本堂に向かいます。

image3

階段を上がり、重文の仁王門を通ります。

龍の姿が頭上すぐに。

image4

 

階段を上がりきると、立派な大本堂が目に入ります。

節分会で豆まきを行っている場所です。

 

 

 

大本堂では、開山以来1日も欠かすことなく御護摩祈祷(護摩木という特別な薪をたいてご本尊様に祈りを捧げるもの)が1日数回行われています。

 

 

護摩壇に燃え上がる火は、お不動様の智慧の象徴。

薪は煩悩を表しています。

そのご利益は絶大で、「成田山はお護摩」といわれるほどありがたいご祈祷です。

 

 

 

成田のお不動様のご利益に与るべく、御護摩祈願に参加しました。

千年以上続く儀式は厳かで力強く、たくさんのパワーを授かりました。

 

 

 

大本堂の奥、【額堂】に向かいます。

7代目團十郎さんの石像が設置されています。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top