旭川「北の住まい設計社」の森に囲まれたカフェ&ベーカリー。北欧の心豊かな暮らしを北海道で。

プロフィール写真

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

北海道のほぼ真ん中にある東川町。旭川空港からだと車で15分ほどの場所です。

 

 

その東川町の家具工房「北の住まい設計社」はずっと行きたいと思っていた所です。
カーナビだけを頼りに畑の横道を通り、山道を登っても、何もなさに不安になっていると…木々の隙間に建物を発見。広大な景色の中にいくつもの建物が並んでいます。

CIMG0580(1)

こちらが、北の住まい設計社ショールーム
その向かい側がカフェ&ベーカリー

DSC_0505

廃校になった小学校をリノベーションしているのです。
東川町観光協会によると、創業者がフィンランドの農家にホームステイして体験した北欧の人達の「自然とともに暮らし、代々受け継いだ建物や家具、食器などに囲まれて本当に生活を楽しんでいる姿」を北海道で家具づくりを通して提案できないだろうかと考え、廃校になった小学校に家具工房を開設したそうです。
でもなぜ、工房にカフェ?
その後、山奥まで来たならお茶でも…とカフェ&ベーカリーを作ったのです。
この背景を知ると、役割を終えた古い学校が、建物の良さは残したまま別の形で生き生きと引き継がれている、まさに会社の理念そのものです。
カフェの待ち時間に、ショールームを見て歩きます。ドアを開けると……

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top