台北、リノベーション名所巡り

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

寺社部長の吉田さらさです。

今回は、台北の旅の第2回。

今度の旅で特に気に入ったリノベーションスペースのご紹介です。

 

台北は、古い建物をリノベーションし、文化を発信する場として活用することが多いようです。中でももっとも規模が大きいのは「松山文創園区」と呼ばれるエリア。台北のランドマーク、Taipei101にもほど近い都心部にあるオアシスみたいなところです。

吉田台北リノベP529022850

もともとここは、1937年に建設されたタバコ工場でした。日本の統治時代に建てられた当時最新鋭の建物です。1998年に工場としての役目を終えましたが、史跡として保存され、近年、文化創造の拠点としてよみがえりました。

吉田台北リノベP529024550

6.6ヘクタールの敷地内には、そのころの建物をそのまま生かしたカフェやアートの展示スペースがあります。

吉田台北リノベP529024150

緑も多く、都会の真ん中とは思えない癒し感があふれています。

吉田台北リノベP529023050

新しく建てられたビル内のお店の商品も、自然志向のもの、おしゃれなデザインのものなど、どれもこれも欲しくなります。アートを発信する場所もたくさんあり、若いアーティストたちのエネルギーが満ちています。

吉田台北リノベP529024650 トイレの壁にもこんなアート発見。

吉田台北リノベP529022750

中でも気に入ったのは、この緑に囲まれたカフェ、本屋さんも兼ねているため「閲楽書店」という名前です。この建物は、もとは、工場で働く人のための託児所だったとのこと。

吉田台北リノベP529022550

外観も素敵ですが、屋根の裏側の木組みがそのまま見える室内もとても自然でいい感じです。

吉田台北リノベP529022050

本は店内ならば、持って行って読んでもよいようです。中国語なのでわかりませんが、興味深い内容の本が多いように思われました。

吉田台北リノベP529022450

芥川龍之介、太宰治など、日本の作家の本も。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第59回
台北、リノベーション名所巡り

  • To Top