秋の小樽を楽しもう。活あわびの踊り焼きと歴史的建造物めぐり。

プロフィール写真

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

北海道は、もうすっかり秋。朝晩は、涼しいというより肌寒くなってきました。
たまには、親孝行をしなくてはとホテルでの食事を探していたところ、小樽で活あわびを食べられるというのを見つけ、両親、夫といざ小樽へ。
オーセントホテル小樽、鉄板焼の「海王」さんにお邪魔しました。

目の前の鉄板で調理するので、目でも食事を楽しむ事ができます。
いただいたのは、活蝦夷あわびと道産牛フィレステーキのコース。
まず、食材を見せてくれます。

迫力のあわびがドーン。生きてます。動いてます。

前菜の和牛、大統領しいたけ焼き、なすのムニエル、ガーリックライスどれも美味しい。
そして、あわびが調理されます。踊り焼かれ、切り刻まれるあわび。
「動いてる、動いてる。」と思わず言うと、サーブして下さるお店の方が「切る時が、結構残酷ですよね、オマール海老だともっと残酷ですよ。」と上品な笑顔でおっしゃいます。確かに…。
そして、出来上がったのがこちら。

奧は、あわびの肝です。このあわびは、以前のブログで行った積丹でとれたもの。新鮮だからこそ、肝もこのように食べられるそうです。
始めて、あわびの肝を食べましたが、生臭ささや苦味が全くなく濃厚で美味しい。
あわびってそんなに好きじゃないんだよねと言っていた自分を恥じます。
生だとコリコリした食感のあわびも、焼くととても柔らかくて、また違った感じを楽しめます。


次は、道産牛のフィレステーキ。
柔らかい!特製のポン酢や味噌ダレでいただきます。
あぁ美味しいと食べ終わった頃、もう1回同じ量のお肉が。焼きたてを食べられるように2回に分けて焼いてくれるのです。しかも、私は一生懸命写真を撮っているので、食べるのがみんなより遅いのですが、ちゃんとそれも計算して、絶妙なタイミングで提供してくれます。こういう心遣いが、とってもうれしいのです。

お料理は、全てお箸でいただけるよう一口サイズになっています。茄子やしいたけも半分に切ってあるので食べやすいと両親も喜んでいました。
この他、サラダや焼き野菜などもあり、デザートのほうじ茶アイスでお腹いっぱい。

 

満足のランチの後は、小樽市内をお散歩。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top