OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

http://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/233782/

竹生島へ1DAYトリップ。龍神様にも出会えた!?

紫乃

紫乃

京都在住。食べる事が好き、特にパンやスイーツが大好きで、旅行へ行ってもメインは美味しいモノ巡りです。この春から下の子が大学生になり子育てもほぼ終了、セーブしていたおでかけを再開します! 住んでいる京都を中心に、関西の美味しいモノや楽しい事巡りをお届けします。

記事一覧を見る

竹生島へ行ってきました。

 

竹生島は琵琶湖の北部に浮かぶ、琵琶湖で2番目に大きな島。
パワースポットとしても人気です。

 

琵琶湖の西側にある今津港、東側の長浜港と彦根港の3ヶ所から船が出ているのですが、行ったのがシーズンオフの平日だったので長浜からの1日2便しかありません。
まずは京都から長浜まで向かいました。

 

車で1時間半くらいなのですが高速で走っていると途中、雪が積もって真っ白な町が見えてきました。向こうに見える山には雪雲が。
スタッドレスタイヤに履き替えてきましたが雪道には慣れてないのでドキドキ。
長浜ICで降りると隅に雪のかたまりはありましたが、道路は大丈夫!
ホッとして長浜に到着です。

 

船に乗る前にまずはランチを。
長浜の人気店、鳥喜多さんへお邪魔しました。
親子丼のお店でいつも行列なのですが、ちょうど開店してすぐだったのでテーブルが1つ空いてました!

名物の親子丼です。
卵がトロトロで美味しかったー。
長浜は京都より気温が低くて縮こまっていたので親子丼を食べてお腹の中からホカホカに。
お隣で食べているオジサンのかしわ鍋も美味しそうだった!
これで650円。大満足です。
お店を出ると並んでいる方が沢山いたのでタイミング良し。幸先いいですね。

 

さあ、船に乗り込みいざ竹生島へ!
長浜港から30分で到着。
乗客は10人ほどでソーシャルディスタンスもバッチリです。

着いた途端目に入るのが右側にある急な階段。
張り切って来ましたが前回のお稲荷さん同様、また結構歩くんちゃうん…とビビる私。

 

上陸後、お参りに行くには拝観料が必要で500円のチケットを買ってから進みます。
まずは国宝の都久夫須麻神社の本殿でお詣りをしてから、竜神拝所でかわらけ投げを。

2枚のかわらけの1枚には名前、もう1枚には願いを書いて鳥居めがけて投げるのですが、全然及ばず。
うーん。悔しい。
練習してからまた来よう。

 

そこから重要文化財の舟廊下を通って観音堂へ。

桃山時代のものですって!
400年以上も前のものなのかと思うと感慨深い。

こちらが国宝の唐門です。
秀吉が建てた大坂城極楽橋の一部で、現存する唯一の大坂城の遺構だそう。
2020年の春に修復されたばかりでとても鮮やかで迫力がありました。

さ、ここから宝厳寺の本堂へはこの階段を。
結構急だけど頑張ります!
無理は禁物。少しずつ登っていき…

宝厳寺の本堂に到着。
こちらは日本三弁才天の一つである大弁才天がいらっしゃいます。
他の三弁才天の江ノ島、宮島よりも古くに建立されたそうで、こちらの弁才天だけ「大」がつくらしいです。

 

お参りの後は「弁天様の幸せお願いダルマ」をに願い事を。
名前と願いを書いた紙を丸めて可愛いダルマの中に収めます。
それを奉納すると1年間祈願していただけるとか。

弁天様のイラストも可愛いですよね。
私もお願いを書いて奉納させていただきました。

乗ってきた船に乗って帰るので滞在時間は80分。
時間は足りるのかなぁと思っていましたがちょうど良かった。
最後にお土産物を見る時間もありました。

実は、行きの船に乗る前から雨がポツポツ降って来ていて。
ひどく濡れるという事はなかったけれど、せっかくなら晴れてたら良かったのになーなんて思ってました。

 

それが帰る頃には雨もほとんど止み、帰りの船からはうっすら虹が。
竹生島には龍神さまもいらっしゃるのでそのお姿なのかも。
最後にとても縁起がいいものが見られて、あたたかい気持ちで帰路につきました。

 

竹生島 宝厳寺

都久夫須麻(竹生島)神社

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#近畿 #滋賀 #寺社

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル