HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/336351/

山形県小国町(おぐにまち)の老舗酒蔵へ。隣にはコワーキングスペースも併設

ゆるり

ゆるり

埼玉県在住。1日1日を大切に、丁寧に、感謝しながら暮らすのがモットー。列車の旅、体を動かすこと、菌活が大好き。温泉ソムリエでもあります。日本の魅力や、素敵な穴場スポットをご紹介していきたいです。

記事一覧を見る

今年は大切な人との悲しい別れがあり、例年よりも多く訪れる機会がある東北・秋田県。

 

その関係で、秋田県のお隣の県、親族が住んでいる山形県にも今年は特に頻繁に訪れています。

 

山形県の西南端にあり、新潟県との県境に位置する全国有数の豪雪地帯で飯豊連峰と朝日連峰に挟まれ、広いブナの森に囲まれている山形県小国町(おぐにまち)。

 

 

今回は、創業以来、昔ながらの酒造りで小国町民に愛されている山形県小国町で唯一の酒蔵を訪れました。

 

 

江戸時代中期、1706年(宝永3年)創業の300年以上前から13代に渡って続く歴史ある酒蔵【桜川酒造】です。

 

 

そして、隣には「桜川酒蔵」の2階建ての石蔵をリノベーションした、とてもオシャレな「酒蔵カフェ&飯豊山麓コワーキングスペース」【KAMOS”Q”(カモスク)】があります。

 

 

Wi-Fiや電源はもちろん、配信機材やタブレットなどレンタルも可能だから、ワーケーションにオススメ。

 

KAMOS”Q”(カモスク)の1階では飲み比べもできます。いろいろ飲み比べしたくて、自宅用のお土産に「小国米 卓上飲み比べセット」を購入しました。

左から、小国桜川 本醸造 300ml / 小国桜川 超辛口純米吟醸 300ml/ 小国桜川 純米吟醸 300ml。(商品の販売状況により、組み合わせが変わることもあります)

 

飯豊連峰の伏流水と極寒の中、澄み切った山形県小国町の空気や恵まれた環境で実った良質な酒米で蔵人さんが精魂込めて作りあげた日本酒「小国桜川」。

 

 

お米の旨味や香りを感じられて、どれも美味しい日本酒です。

ですが、その中でも、わたしは超辛口純米吟醸がすっきり美味しくて、お食事にも相性バッチリで、かなり好みでした。

桜川酒造

KAMOS”Q”(カモスク)

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#東北 #山形 #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル