お寺と仏具と伝統産業の街、 高岡を歩く( 前編 )国宝の仏像を再現するプロジェクト

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

お寺と仏具と伝統産業の街、
高岡を歩く(前編) 

国宝の仏像を再現するプロジェクト

 

 

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

全国各地のお寺と神社を旅して、お役立ち情報をお伝えしています。

今回は、富山県高岡市のお話をさせていただきます。

 

北陸新幹線が開通して一年、金沢観光が盛り上がっています。

高岡市は、そのひとつ手前、能登半島の付け根にある魅力的な街です。金沢と同じように加賀藩前田家によって開かれ、戦災にも遭わなかったため、古い建物や街並みがよく残っています。しかしそれらは観光地ではなく、伝統を守る人々が暮らす場所です。このような街をのんびりと歩き、お気に入りの場所を見つけることが旅の醍醐味だと思います。

 

吉田_高岡_前_1

高岡は、お寺が多く、仏具の生産が盛んな土地。中でも銅を鋳造する技術に優れ、こちらで作られた銅の製品は「高岡銅器」と呼ばれる伝統工芸品です。製品は、お寺で使われる梵鐘(ぼんしょう)や仏像、一般的な銅像、日用品など多岐に渡り、大量生産ではなく、昔ながらの小さな工場で、代々この仕事を継承する職人さんたちが作っておられます。

 

吉田_高岡_前_2

 

高岡で銅器造りが盛んになったのは、17世紀はじめ、加賀藩主の前田利長が、街の振興を図るために鉄器を作る職人を呼び寄せたのが始まりとされます。その後、銅を含むさまざまな金属類の加工技術が発展しました。現在では、全国のお寺にある鐘や仏像、銅像のおよそ95%が高岡で生産されています。

 

吉田_高岡_前_3

そんな高岡銅器の伝統の粋を集めた代表作が、このたびほぼ完成しました。高岡、南砺(なんと)両市と東京芸術大などによるプロジェクトにより、奈良、法隆寺の金堂に祀られる「釈迦三尊像」が再現されたのです。簡単に言ってしまえばレプリカですが、釈迦三尊像は門外不出の国宝ですから、同じものを再現するのは容易なことではありません。細かな部分まで計測し、3D画像などの最新技術と伝統的な技法を駆使して創り上げるまでには、幾多の困難を乗り越えねばなりませんでした。

 

次のページでは出来上がった三尊像をご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第32回
お寺と仏具と伝統産業の街、 高岡を歩く( 前編 )国宝の仏像を再現するプロジェクト

  • To Top