OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/more/192393/

生活を楽しんでいるという充足感は……(君島十和子 美の格言⑧)

君島十和子

君島十和子

1966年生まれ。モデルとして活躍後女優に。1996年、結婚を機に芸能界を引退。現在は自身のコスメブランド「FTC」のクリエイティブディレクターとして数々のヒットを生み出している。2女の母。

記事一覧を見る

君島十和子さんの大ヒット書籍「十和子道」から抜粋した言葉を美の格言としてお届けします。「十和子道」担当編集者ギリコから見たその言葉(格言)の背景や取材時のエピソードも合わせてお読みいただけます。

生活を楽しんでいるという充足感は幸福なオーラとなって必ず表面に表れます。

書籍「十和子道」P17より~


<担当編集者からみたこの言葉の背景>

「窓が曇っていると、せっかくの空と木と雲がキレイに見えない。

あー、もったいないって思うんです」

 

そう言って娘さんと共有している青いシャツの腕をまくり、ガラスを拭き始めた十和子さん。

 

この日の取材テーマは〝君島家のキレイのルール〟。

ルールのひとつが〝ガラスや銀器はピカピカに光っているべきもの〟と聞き

「とはいってもガラス拭きって大変じゃありませんか。とくにこんな大きなガラスだと」

と君島家のリビングの窓を見ながらつい後ろ向きな発言をしてしまった私。

 

すると

「慣れればそうでもないですよ。右手に濡れたタオル、左手に乾いたタオルを持ってこうして拭いていけば……」

といつもやっている拭き方を見せてくれたのだ。

 

「わー、本当にピカピカになる」「手の動きが早い」などと感心しながら横でみているうちに大きなガラス一枚が拭き上げられた。

 

最後に拭き残しや拭き跡がないかを入念にチェックしながら

「やったらやった分だけ確実にキレイが返ってくるのがお掃除です。キレイになったときの達成感を知ってしまえば、こっちのもの」

ときっぱり。

 

十和子さんにとって掃除は生活を楽しんでいるという充足感を与えてくれるもののひとつなのだろう。

(食事の支度も生活を楽しんでいるという充足感を与えてくれることのひとつ。キッチンでも二人三脚、「料理はしませんが(キッチンでの)滞在時間は長いんですよ」と誉幸さん/「十和子道」p55より

 

そういえばふと思い出したのだが上の娘さんが幼稚園の年長さんだった頃か、

「パパから今から帰るよって電話があったら、テーブルを拭くの」

といってダイニングテーブルのガラスの天板をキュッキュッと拭いてみせてくれたことがあった。

お母さんがいつもやっているのを見ているからだろう、指紋や拭き跡が残っていないか仕上げのチェックもちゃんとして「きれいになったよ!」と私に言ったあのときの顔も楽しそうだった。

撮影/冨樫実和


*オールカラー、自宅で撮影、オール私服、収録写真400点

 

「十和子道」大好評発売中!

電子版には特典としてプライベートを含む計276点の写真とコメントを特別編集した「エブリディ十和子」がついています!

今すぐチェック!

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

PR
<前の記事

<前の記事
第7回/忙しい、面倒……言い訳ばかりしていると……(君島十和子 美の格言⑦)…

次の記事>

次の記事>
第9回/私なんか……と心がキレイをあきらめれば……(君島十和子 美の格言⑨)…

この連載の最新記事

50代はゴールを見据え……(君島十和子 美の格言 最終回)

第23回/50代はゴールを見据え……(君島十和子 美の格言 最終回)

私にとって50歳は……(君島十和子 美の格言 22)

第22回/私にとって50歳は……(君島十和子 美の格言 22)

私は夜寝る前には必ず……(君島十和子 美の格言 21)

第21回/私は夜寝る前には必ず……(君島十和子 美の格言 21)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル