HAPPY PLUS
https://ourage.jp/doctor_blog/4491/

女性の最新育毛情報「目指したいのは、艶髪!」③ 生活スタイルの改善

ハリ、ツヤがなくなる、などの髪質の劣化。そのままにしておくと、今や600万人とも言われる薄毛に悩む女性の仲間入りをしてしまいます。
改善のためにはどんなことができるのか、「AACクリニック銀座」の浜中聡子先生に、女性の最新育毛事情について教えていただきました。

 

<生活スタイルの改善>

 

 

 

浜中聡子先生

 

これから生えてくる髪に何ができるのかを考えたい

 

「育毛とは、すでに生えている髪にではなく、これから生えてくる髪に何ができるのかを考えること。バランスよく栄養をとる、冷え症の人は冷えを解消して血流と代謝をよくする、タバコをやめるなど、体の内側へもアプローチすることが大切なのです」

 

なかでも浜中先生が、美髪習慣のなかで重視しているのが質のよい睡眠。

 

「髪が最も成長するのが、22時〜深夜2時の間だと言われています。遅くとも、24時前にはベッドに入ることが望ましいですね」

 

 

基本の睡眠時間は、6〜8時間。睡眠不足が続くと、細胞分裂の機能が低下したり頭皮の血流が悪くなったりするので、髪の成長にはマイナスの影響が出ます。

 

ほかに、ストレスをためないこと、有酸素運動を取り入れることも重要。週に3〜5回、少し汗ばむくらいの速度で20分ほどウォーキングをするのが理想的です。水泳や自転車などもいいでしょう。

 

美髪は、あくまでも健康の延長線上にあるもの。毎日の自分の習慣を見直してバランスのとれた生活を目指せば、今よりももっと美しい髪をキープできるはずです。

(女性の最新育毛事情「めざしたいのは、艶髪!」③は、明日、お届けします。お楽しみに)

 

<ケイコ>

 

浜中聡子先生プロフィール

 

北里大学医学部卒業。米国抗加齢医学会専門医、国際アンチエイジング医学会専門医、米国先端医療学会専門医などの資格を多数取得。2009年「AACクリニック銀座」院長に。著書は「女性の薄毛・抜け毛 お悩み解消BOOK」(主婦と生活社)

 

撮影/板野賢治 ヘア/本山貴士(POOL) モデル/原 由美 スタイリスト/櫻井聖子(aloha dog)

 

●MyAge 2014 Spring 好評発売中!ご購入はお近くの書店、もしくはこちらから。

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル