HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/124720/

モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(前編)

板倉由未子

板倉由未子

トラベル&スパジャーナリスト
出版社の編集者を経て現職に。世界を巡り、女性誌、会員誌、ウェブを中心に、土地に息づく文化、癒し、美、食をテーマに旅企画を手掛ける。世界各地のスパや療法、健康&美容法をテーマにしたセミナーなども開催。「スパは土地の文化を凝縮した空間。肌で土地を味わえば、旅はいっそう豊かに」。またイタリア愛好家で、各州の人々と食を取材した『イタリアマンマのレシピ』(世界文化社刊)を構成&執筆。

天空から海を望むツリーハウスで、
至福のおこもりウェルネス体験を!

モルディブ最新マインドフルネス滞在

 

 

透明感あふれる海と白砂のビーチ、そして真っ青な空――。
世界中の人々が恋い焦がれる楽園モルディブは、
ウェルネス・リトリートの理想郷です。
その中でも今、最も注目されているプログラムを、
トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんが体験リポートします。

板倉モルディブウェルネス

 

 

ウェルネス・プログラムのキーワードは
"マインドフルネス"

 

近年、ウェルネス滞在を目的とした旅に出かける人々が増え続けています。大半の人々が抱えるトラブルは首や肩の慢性的なコリ、眼精疲労、片頭痛、睡眠障害などです。仕事をしながら、またはスマホを見ながら食事をするなど、"ながら"行動が増えています。日々の出来事を感じ味わうこと(=マインドフルネス)が少なくなり、それらが不調の原因となっているのです。

 

今、美や健康に敏感なセレブリティたちが、マインドフルネスを実感できるプログラムとして注目しているのが、モルディブにある「アミラフシ」の「ウェルネス・ツリーハウス by ボディイズム」。世界的なパーソナルトレーナーで栄養学博士のボディイズム創始者ジェームズ・ドゥイガン氏が、健康の必須条件としている「楽しみながら行える運動、十分な睡眠、滋味あふれる食事、安らぎの時間」をかなえると評判のプログラムを紹介しています。

 

 

地上12mのツリーハウスで
心身のポテンシャルを知る

 

ゲストはツリーハウスに滞在し、食事、フィットネス、トリートメントなどをおこもりで体験できます。地上12m、220㎡のプライベートな空間は椰子の木と同じ高さで、その先に海が見えるという絶景は、唯一無二! 椰子の葉が揺れる音と鳥のさえずりだけが聞こえ、日々の喧騒を忘れさせてくれます。

板倉モルディブウェルネス

滞在するツリーハウスのプールでまどろむうちに、平穏で安らかな心を取り戻せます。本能と向き合う大切な時間。

 

板倉モルディブウェルネス

板倉モルディブウェルネス

全59室のうち、わずか5室しかないツリーハウス。プログラム体験者だけが泊まることのできるエクスクルーシブな空間です。

 

 

次ページでは、ツリーハウスを詳しくご紹介。

板倉モルディブウェルネス

プライベートプールで、椰子の木々に囲まれ森林浴。朝、昼、夜と移り変わる自然の表情を楽しむうちに、日常のストレスから解放されていきます。

 

板倉モルディブウェルネス

緑あふれるテラスを望むベッドルームとリビングルーム。ウッディな色調の落ち着いたインテリアで安らげます。

 

板倉モルディブウェルネス

美しい日が差し込む爽やかで広々としたバスルーム。

 

板倉モルディブウェルネス

ツリーハウスは、トリートメントルームも備えてます。

 

次ページに続きます。

板倉モルディブウェルネス

ルームサービスでホワイトオムレツ、サラダ、スムージーなど、ヘルシーメニューをチョイス。

 

板倉モルディブウェルネス

小腹が減ったときにオーダーしたいアサイー・ボウル・ベリー・バーン。眼精疲労に効果があるそう。

 

マインドフルネス滞在のレポートは、次回に続きます。

 

 

アミラフシ Amilla Fushi

 

ウェルネス・ツリーハウス by ボディイズム 1泊1名US$1,600~

ツリーハウスでの宿泊、3食のウェルネス・メニュー、コンサルテーション、エクササイズ、50分のスパトリートメント、ウェルネス・スナック

 

Baa Atoll, Republic of Maldives
TEL +960 660 6444
http://www.amilla.mv/jp

マレ国際空港から水上飛行機で30分

または、国内線20分+スピードボート10分

日本での問い合わせ先/トラベルファクトリージャパン ☎03-5784-2522

 

モルディブへのアクセス/キャセイパシフィック航空を利用するのがスムーズ。東京から香港まで約4時間。香港からモルディブのマレ空港まで約6時間半です。

 

 

撮影/秋田大輔

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
次の記事>

次の記事>
第2回/モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)

この連載の最新記事

海の癒しを全身で感じる、モルディブ「フヴァフェンフシ」のスパ

第4回/海の癒しを全身で感じる、モルディブ「フヴァフェンフシ」のスパ

モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント

第3回/モルディブ「フィノール」で筋トレも兼ねたトリートメント

モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)

第2回/モルディブ「アミラフシ」おこもりウエルネス体験記(後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル